« 最近見た映画(7月) | トップページ | AKB48は平成のクレイジーキャッツか? »

2010/08/11

間違いだらけの首相談話

何を考えているのか、あるいは何も考えていないのか。全文読んで目が点になったわ。
だれか歴史の勉強した人はいなかったのかね。

首相談話全文


 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど100年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示された通り、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられました。
 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることはできないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします。
 このような認識の下、これからの100年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。
 日本と韓国は、2000年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。
 日韓両国は、今この21世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、2国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。
 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国のきずながより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。


なんだこの馬鹿げた作文は。
どうせなら国会運営や財政再建に「不断の努力を惜しまない決意を表明」したらどうなんだ。
事実を踏まえて書き直せ。例えば・・・

 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど100年前の8月、大韓帝国からの申し出により日韓併合条約が締結され、以後36年にわたり大日本帝国の領土(植民地ではない)として併合されました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示された通り、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、親日派と反日派の対立がありましたが、現在ではその意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられたという主張が繰り返し行われています。
 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることはできないものです。この併合がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします。一方、併合後は「内鮮一体」のスローガンのもと、大日本帝国の領土として、莫大な投資を行いインフラ基盤を整備した事実については、歴史的事実として改めて評価することが、「誠実に向き合う」ことだと考えます。 
このような認識の下、これからの100年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。
 日本と朝鮮半島は、2000年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を持つに至った我が国に対し、朝鮮半島では近世の李朝の圧政により文化が衰退し、世界中の文化を全て自分たち起源だと言い繕うようになってしまったのは残念なことでした。
さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたりますが、李承晩ラインによる竹島の不法占拠の経緯が知られるようになり、韓国の無法を問う声はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、在日が跳梁跋扈しながら、その結び付きは非合法な反社会的活動を含めて極めて強固なものとなっています。
 日韓両国は、今この21世紀において、米国の属国という立場を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、2国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために(米国、米軍に)協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。
 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国のきずながより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。

|

« 最近見た映画(7月) | トップページ | AKB48は平成のクレイジーキャッツか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35105/49120686

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの首相談話:

« 最近見た映画(7月) | トップページ | AKB48は平成のクレイジーキャッツか? »