« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/26

スパコンの予算凍結は当然だ

民主党の事業仕分け、面白いなぁ。
もちろんあそこでの結論が全て正しいとは思わないし、やり方にもいろいろ問題はあると思うが、とにもかくにも「公開の場で行った」という点だけは評価すべきだと思う。
とはいえ公開したことによってある意味見せ物的要素も持ったわけで、どうせなら必要性を説明する官僚が「この事業を止めたら族議員の○○先生が黙ってないですよ!」ぐらいの生々しいことを言った方が面白いと思うw

そんな中、予算を削ると言われたらもらえるはずだった人なら誰でも反論したくなるとは思うのだが、納得行かないという人たちの声も聞こえてくる。

ノーベル賞野依氏 「歴史の法廷に立つ覚悟あるのか」 事業仕分けのスパコン予算カットに

野依氏は確かにノーベル賞受賞の立派な学者ではあるが、この問題で紹介するときには「スーパーコンピュータが設置される予定の理化学研究所の理事長」と紹介しないと、なんでこんなにプンスカしてるのかがわかりにくい。要するに自分とこに回ってくるはずの予算が削られるから余計に怒っている…って、いきなりわかりやすくなったな(笑)

でもこのスパコンは凍結でいいっしょ。
こういうのはやるからには世界一のものを作るべきで、そうでないなら「今あるのを買えばええやん」って話になるので、仕分け人のいう「2位でいいんじゃね?」には賛成しないが、予算凍結という結論には賛成だ。

なぜか。

そもそもこの計画自体が超いいかげんで、「とにかくやることだけは決まっていて何をどうするかはまあそのうち」という典型的な旧型の公共事業なのだ。不況の影響などでプロジェクトに参加していた企業が撤退しても「影響はない」というぐらいもともといいかげんな計画なのに、その企業の撤退を理由に「設計変更になるから追加で金が要る」などといけしゃあしゃあと抜かしているのである。サラ金でもあんだけ「計画性!計画性!」とやかましいこのご時世に、他人のカネを使う話なのにたいした度胸だww
ついでに言えば、コンピュータ自体の最終設計が出来ていないのに、設置場所のハコモノはとっくに着工してかなり工事も進んでいる。このまま進めればどこぞのダムと同じように、何年経っても完成しないのに費用だけが膨れあがるのは目に見えている。

いままでこんないいかげんな事業にカネを出してきた方がどうかしている。
私自身はスーパーコンピュータは必要だと思うし、資源のない日本が科学技術にカネを掛けるという方向性自体は正しいとも思う。しかし建設に700億円(すでに設計変更で26億円オーバーする見込み)に毎年80億円の維持費がかかるとなれば、しっかりとした戦略を立てた上で行われるべきで、いったん予算を凍結して計画を見直そうというのはもっともな話だ。
「歴史の法廷に立つ覚悟はあるのか」と野依氏は大見得を切ったが、ご自身が被告席に座らされる可能性も大いにあるということは覚悟しておいた方がいいw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

野球シーズン終了

もう立冬を過ぎたというのに毎日温いねぇ。どうなってるんだか。

松井秀、日本人初のWシリーズMVP獲得!

松井ってホント、典型的なクラッチヒッターだよなぁ。
良く言えば「大一番に強い」、悪く言えば「オイシイとこ取り」(笑)
あんだけ打てばDHでもMVPは納得でしょう。おめでとう!

巨人日本一 頂上決戦の醍醐味を堪能した

巨人がリーグ制覇したとき、読売新聞は3連覇とはいえ日本一になっていないことを理由に「黄金時代などおこがましい」とバッサリ切り捨てた。そして今回日本一になっても社説は「野球って面白いなー」だけで原監督へのお誉めの言葉は一切無し。ナベツネ、どんだけ原監督が嫌いなんだよwww
阪神ファンの私ですら今年の巨人は文句なしに強かったと思うし、その強さの理由は若手を積極的に起用してチームを活性化させた原監督のチーム作りの手腕だと思うのに、身内の読売新聞がこれでは原監督も浮かばれまい。WBCとNPBを完全制覇して今や押しも押されもせぬ名監督と言っても誰も文句はないと思うんだが。

ナベツネのコメントが楽しみだwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »