« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/27

選挙ですよ~!

気が付いたらもう今度の日曜は選挙じゃないか。
民主党の圧勝が予想されているが、そんなに民主党が人気になる理由がよくわからん。
自民党ではもうダメだ、という反動だけで民主党に入れるなら、やめておいた方がいいと思う。
さて、衆院選なので各党の公約をチェック。もっとも、実行するかどうかは知らんけどなww

実は今回の選挙で私が一番大事だと思っているのが拉致問題。
今更と思われるかも知れないが、前から言っているように、拉致被害者を救出できない政府にこの国を統治する正統性はない。税金の使い方で論争する以前の問題で、国民を外国のテロから守りもしない、助けもしない、仇もとらない政府がどの面下げて我々に税金払えとかぬかしやがっているのかという話なのである。
「国民の生活が第一」というのであれば、「国民としての生活すらままならない」拉致被害者の救出は当然のことながら最優先課題になるはずなのだ。民主党よ、君たちの掲げるスローガンの意味はそういうことだぞ。

自民党
サイトを見れば一目瞭然だが、今やただの「アンチ民主党」といった風情すら漂う。自分たちのやっていること、やろうとしていることに自信があれば、わざわざ相手を悪く言う必要はないのである。自信がないならやめちまえ。

>官僚の特権は認めない
 いや、それができるならとっくにやってるでしょう。政権与党なんだから。

あと、自民党のサイトの候補者紹介、おそらくは意図的なことだろうが、比例区と選挙区で重複立候補してるのが誰かわからないようになっている。うちの選挙区の先生も重複立候補で、以前選挙区で落ちたときもしれっと復活当選してて民意もクソもなかった覚えがあるので、「比例でも出てるからお前らが選挙区で落としても意味ねーよ。プゲラw」ってちゃんと有権者を馬鹿にしている候補者がわかるようにしてくれないと。

公明党
実は今回の公明党の政策はまともである。各論として賛成できない部分はもちろんあるが、北朝鮮の主体思想をそのまま引き写したような以前のマニフェストと比べるとたいした進歩である。何があったんだろう・・・

民主党
我が国がオリンピックを開催すれば開会式の日に核実験を行い、その実験の成果で開発した核ミサイルを30年以上に渡って我が国に向けて実戦配備している隣国に「友愛」「共同体」などと言う鳩山さんを信用しろというのはなかなか難しい。よほどおめでたいか、ズブズブの利害関係でもないと出てこない発想だ。
マニフェストには何も書いてないが、外国人参政権に積極的な点もマイナスだ。ほんと、なんで民主党がこんなに人気なのか理解に苦しむよ。
ちなみに、マニフェスト冒頭の鳩山代表の挨拶もやや問題アリだ。

>全国で毎日、自らの命を絶つ方が100人以上もいる。

その半数以上がうつ病による自死(病死)である。これは政治の問題ではなくて病気に対する理解と医療の問題。
・うつ病による自死は病死であって自殺ではない。
・うつ病は治療可能な疾病である。
という理解なしには「1日100人」は改善できないのだ。まあそれをやるのが政治の役目でもあるんだけどね・・・

国民新党
ここは結党の事情が事情だけにマニフェストも簡単に言えば「小渕さんは良かった、小泉・竹中が何もかもぶち壊した」と書いてある(笑)実にわかりやすくて結構なことだ。
「我々こそ小泉改革で崩壊する前の真の自民党の姿」という方向性でアピールすれば意外に伸びるんじゃないかな?

改革クラブ
>そのために国会は議論し結論を出す場です。審議拒否はしません。

偉いっ!
そう、国会議員は審議してナンボの我々の代表なのだ。審議拒否なんかしていいわけはないのである。

社民党
>「専守防衛」の理念を厳守し、イージス艦、空中給油機、軽空母や敵基地攻撃能力を持つ爆撃機などの攻撃的な装備の保有を抑制します。

・・・イージス艦って攻撃的な装備なのか??
日本のイージス艦はアメリカのそれをベースに建造されたものではあるが、わざわざトマホークミサイルの発射設備を廃止するという変更を加えており、より対空・対潜防御に特化していると記憶しているのだが。

>「シビリアン・コントロール」の理念を実質化し、情報公開を進めます。

シビリアン・コントロールってのは問題の解決に軍隊を使うかどうかを政治が決める、ということである。
そもそも軍隊のない日本では概念自体が成立しない。自衛隊を正式に軍隊として認知しない限り自衛官も軍人ではないので、シビリアンコントロールもくそもないのである。社民党が自衛隊を軍隊として認知するとでもいうのだろうか??

日本共産党
アメリカ製の憲法は守るといいつつ日米同盟に反対だもんなぁ共産党は。
何度も言うが、隣国が核ミサイルを実戦配備している現状で核抑止力を否定するのは非現実的である。

幸福実現党
>北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ち込む姿勢を明確にした場合、正当防衛として、ミサイル基地を攻撃し、日本を守ります。

>憲法9条を改正し、国家の防衛権を定めます。

おお、すげぇな(笑)

>拉致問題で進展が見られない場合、北朝鮮に自衛隊レンジャー部隊を派遣し、金正日総書記を拘束し、日本に連行する「軍事演習」も、選択肢から排除しません。
>日中両国間などで懸案となっている歴史認識問題に対しては、「日本に向けている核ミサイルを廃棄してから、日中の平和を語るべきだ」と堂々と反論し、毅然たる態度で臨みます。

おおおおおお~~~~wwwww
西村眞悟も真っ青の積極策だな。なんか応援したくなってきたぞ。頑張れ幸福実現党(笑)

でも。

>3 億人国家を目指します。

ちょwwwwちっとは自重しるwwww

まあどこの政党を支持する/しないにしても選挙には行こう!
組織票でヘンな奴が当選したりしないためにもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

世界から核兵器が消える日は必ず来る。

核兵器以上の破壊力を持つ兵器が開発されることによって、ではあるが。

毎年思うのだが、我々にとって差し迫った核の脅威は中国が我が国に向けて実戦配備している核ミサイルなのである。広島の市長や総理大臣はなぜ「今我々に向けられている核」に対処しようとしないのか不思議で仕方ない。もし理由があるとすれば核ミサイルなんて怖くない、という理由以外に思い当たらないのだが、怖くないなら別に廃絶を訴える必要もなかろう。
結局のところ8月6日の式典は一般家庭で言うところの法事にしか過ぎないのだろう。違いがあるとするならば、市長が「平和宣言」を読み上げるか、坊さんがお経を上げるかだけである。亡くなった方を弔うことはもちろん意義のあることではあるが、もうすこし実のある話はできんもんだろうか?


私は核武装にはあまり賛成じゃない。
核は開発に物凄く金がかかる上に管理維持もめんどくさい。持たずに済むならそれに越したことはないのだ。
一番いいのは「持つぞ持つぞ詐欺」(笑)
非核三原則を廃止して「核持つぞゴルア!」というだけでも外交カードとしては大きな威力がある。
それで外交的成果を上げ、「そうそう、そういうことなら別にウチは核持たなくてもいいんだよ」と収めるのだ。
言うだけならタダだ。費用対効果を考えたらこれ以上の手はあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »