« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/29

核の脅威?いまさら?

北朝鮮の核実験ってそんなおおごとなんかなぁ?

核ミサイルなら中国が日本に向けて実戦配備してから既に40年経とうとしている。今更実験ぐらいで大騒ぎするなど間抜けにも程がある。順序が違うだろっての。

「隣国が片っ端から核を持つわ実戦配備するわで異常に危なっかしいので、日本も核持つぞゴルァ!」
コレで北朝鮮の核問題はケリがつく。なぜなら、「北朝鮮の核」より「日本の核」の方がいろいろとシャレにならないからである。「北朝鮮が核を放棄して拉致被害者を返して、あとついでに中国が日本にミサイルを向けるのをやめたら別に日本は核持たなくてもいいんだけどねー。別に持ちたい訳じゃなくて、持たないと危ないって話なんだよ。」とぶちあげて交渉するのが外交というもんだろ。言うだけはタダなんだし。

北朝鮮の瀬戸際外交には経験の裏打ちがある。「ゴネ得」の歴史というやつだ。ゴネたらオイシイと思っているから恫喝を繰り返してはしゃぐのである。
つまり、徹底した報復で何もオイシイことはないと思い知らせれば、あのチンピラまがいの恫喝は止むのだ。
具体策は、人と金の流れを徹底的に遮断することだ。
この際、「ナメとったらタダじゃおかんぞ」という意志をハッキリと示すことだ。
拉致された日本人が帰ってこられないのに北朝鮮人は万景峰号で出入り自由なんてのがそもそもおかしい。そんなバカな話があるか。北朝鮮に渡った人間は拉致被害者が帰ってくるまで再入国禁止で当たり前じゃないのか。
核にしても拉致にしても、要はこちらの姿勢の問題なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

ふく面ワールド・リーグ

・・・でもやってるのかと思うほどマスクマスクってあちこちうるさくなってきたなぁ。
マスクは今入手困難な状況でもあり、むしろ手洗い・うがいに重点を置くべきじゃないのかなぁ。

どうも職場で話をしていても噂とノリと日本特有の横並び主義であわてふためいている感じもある。「あそこの会社がマスク着用を義務づけたから、うちもやらないと聞こえが悪い」みたいなアレね。
マスクがないと今にも死にそうなぐらいの勢いで話してるおばちゃんが「弱毒性」と聞いて安堵の表情を浮かべているのを見ると、この人たちはインフルエンザが怖いのではなく、井戸端会議に乗り切れないのが怖いんだろうなと思う。いや、当人にとっては大問題なんだろうけどさ。

ちなみに。
インフルエンザの「毒性」とはウイルスの感染する身体部位の広さによる分類。
のど・肺などの呼吸器にしか感染しないのが「弱毒性」。
それ以外の器官にも感染するのが「強毒性」。
強毒性の方が体内の免疫への負担が大きいので症状が重くなりがちな傾向はあるそうだが、毒性の判定に症状の重さや感染のしやすさは関係がないので「致死率100%の弱毒性」や「誰も死なない強毒性」というのもあり得る。
症状の重さによる分類は「病原性」。
政府が対策の緩和を言い出しているのも、病原性が通常のインフルエンザと変わらないというのが根拠である。

余談だが、今回の騒動で初めて知った話。
人類初のパンデミックとされている1918年の「スペイン風邪」の発生源は実はアメリカだったらしい。
当時第一次世界大戦の真っ最中で戦争してる国々では情報統制を行っていたが、スペインは中立国だったので統制がなく、インフルエンザの大流行が最初に大々的に報道されたため、「スペイン風邪」で定着してしまったのだとか。
本来だったら「アメリカ風邪」だったわけやね。なんともアメリカらしい話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

インフルエンザ・ラプソディ

関西修学旅行、中止・変更相次ぐ

もうダチョウ倶楽部のコント状態だな。
「いいか、おまえら、ぜったいにパニックを起こすんじゃないぞ~」って。

インフルエンザがナメてかかっていい感染症でないことは確かだが、ちょっとビビリすぎだろう。
暴論なのを承知で言うが、昨年1年間でうつ病により自死した人は6000人を超えるのである。今回のインフルエンザが(国内で)年間6000人以内の死者でおさまるなら、病気としての危険度はうつ病より低いという見方もできるわけだ。

新型インフルを知るために (厚労省)

そう難しくない対処で蔓延は防げる。
騒ぎすぎて得するのは、「ウン百万人死ぬぞ~」とか煽ってテレビの出番が増えるどこぞの教授ぐらいのもんである。甘く見てはいけないが、むやみにビビる必要もない。
普通に「気をつけましょう」という話だろ、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

ニュース拾い読み

自殺の動機、最多は「うつ病」 警察庁まとめ

うつ病による自死は疾病の症状であって、「自殺」として取り扱うのは間違っていると思う。
ガンや心不全と同じく病気の症状が重篤になった結果として死に至るのだから、病死として扱うべきだ。
「死に至る病」ではあるが、治療可能な病気でもあるという正しい理解を持たないと、「自殺」者は減らないと思う。
自ら覚悟の上で命を絶つのは本人の勝手だと思うが、うつ病は覚悟や判断が出来ない状態で自死するという症状の出る病気なのだ。同列に扱ってはいけない。

鴻池官房副長官、13日に辞任へ 女性問題報道で

辞表の理由は健康上の問題だったはずだがw
それに女性問題というが、女性と熱海に旅行したってそれ何が悪いんだ?
JRの議員用パスを使ったというのは「女性問題」じゃなくて「職権濫用」とかそういう類の問題だし。
今の時代に国会議員のセンセイなら妾のひとりふたりは当たり前、などと言うつもりもないが、70手前の爺さんが元気で結構なことではないか。

民主・小沢代表、辞任の意向

小沢一郎の特徴は「肝心なときに逃げる」である。昔からそう。
鉄人タイガーセブンみたくそう怒られつつも実は裏では正義のために戦っていたとかいうならまだカッコいいんだが、単に逃げ出すだけなので、いつまでたっても総理になれないのである。
麻生バッシングはやろうとしてもロクなネタがなかったので、やれ原稿が読めないだの高いバーに通ってるだの、次元の低いネタしか出てこなかったが、小沢は叩いたら迂回献金というホコリが出ちゃったのもまずかった。(このホコリは叩けば殆どの政治家から出るホコリではあるのだが)
次は鳩山か岡田だという。どちらも絶対に賛成できない政策の持ち主なので私としてはどちらがなっても一緒である。別にもともと民主党を支持する気もないのだが。

ああ無情復帰…球児の悲劇で連勝止まる

ピッチャーがストライクよう放らんかったら、そら負けるわ。
負けに不思議の負けはなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

連休終わり。

連休は東京で遊び倒した。あ~疲れた(笑)
ホテルにいた時間よりパセラにいた時間の方が長かったんでない?つーぐらいで。
遊んでくださった皆さん、ありがとうございました。

またHDDの残量との戦いの日々である。
そろそろ本気でヤバいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »