« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/25

価値があるのは映画か賞か

私は「おくりびと」は見てないので感想も何もないのだが、邦画が海外で評価されるのは素直に喜ばしいことだと思う。ところが評価されるのは喜ばしい、では済まない輩がいるようで・・・

「おくりびと」受賞、喜ぶ山形…富山県議会で後悔にじむ答弁も

ノーベル賞の田中さんのときもそうだったが、我が国では「賞を取ったから価値がある」という他人任せの評価に乗っかる奴が多すぎる。
「おくりびと」がアカデミー賞を取った途端に、富山ではこんな話が。

>県議会委員会で「同じ雪国なのに、なぜ(ロケが)富山でなかったのか」と質問が飛び出した。

って、こんなの質問するにしてもせめて劇場公開時にはするべき質問だろ。質問した奴が「映画」ではなく「海外の有名な賞」にだけ価値を認めていることがよくわかる愚問だ。

>県の担当課長は、「地元でロケ誘致に懸命に取り組むことが大切」

って、こちらも的外れな回答。2匹目のドジョウを狙います、ってことか?(笑)
この質問した奴、地元にロケを誘致した映画がコケたら絶対、「県民の共有財産である公道を封鎖してまでロケに協力するのは明らかに行き過ぎ」とか言い出すぞ。相手にすんな。

価値があるのは映画か賞か。
もちろん映画である。「賞を取るほどいい映画」はあっても「賞を取ったからいい映画」になるわけじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/02/18

中川(酒)の憂鬱

中川財務相、G7で酒帯び疑惑浮上

まさに中川(酒)と言われるだけのことはあるなあ。
「10兆円出しますわ!」言うてた人間が数日後に「辞めました~」では、ホントに商談が成立したのかどうか相手も信用できんわな。
いままで酒で散々失敗してきたのに懲りずに飲んじゃった中川(酒)も悪いが、見るからに泥酔してるオッサンに記者会見させた事務方も悪い。「大臣が体調を崩したので会見は延期」ぐらいの機転は利かせてやるのが役人の仕事ってもんだ。そもそも記者会見つーても来てる記者は記者クラブ所属の会社ばっかりでいわば「身内」なんだから、報道陣もなんか様子がおかしいと思ったら止めてやれよw
事務方と報道陣のこのノーガードぶりを見ると、むしろ誰かの指示であえて止めずに醜態をさらさせたんじゃないかと邪推のひとつもしたくなる。

問題なのは、このドタバタの中、アメリカからクリントン国務長官が来ちゃったこと。
初の外遊ということで、絶対失敗しないように日本スタートでオバマー麻生会談というお土産まで持たせて華々しく売り出そうとしたとたんに「帰ってきたヨッパライ」のせいで台無しにwww
アメリカにしてみたら「なにさらしてくれてんねん!」てなもんである。後で恨まれなきゃいいけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

火水天木土【追記あり】

侍戦隊シンケンジャーのデザインが前衛的すぐる件。

なまじ本編の出来がいいだけに困るよね~。
毎度のごとく、そのうち慣れるんだろうけど、さすがにこれはちょっと時間がかかりそうだわw

ちなみに、変身するときのかけ声が「一筆奏上!」だったが、「奏上」というのは神様か天皇(国王)に対して言うことを指すので、「奏上」に応えて彼らに力を与えている神様がいるはず。シンケンジャーはひょっとして「神剣者」なのか?とも思ったり。

そして爺の伊吹吾郎・・・どうみてもただの格さんです。本当にあり(ry
格さんだし、絶対家紋の入った折紙印籠かなんか持ってると思う。

とりあえずサイキックラバーは高いので勘弁してください Orz

【H21.2.17追記】
さっそくシンケンジャーのAAが考案されたみたい

 (天) (木) (火) (水) (土)

・・・めがっさ似てる!(当たり前だw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

やばい、最近相撲が面白いw【追記あり】

【H21.2.3 一部加筆修正】

もちろん私が「面白い」というからには、土俵の上ではなくて、土俵の外でのあれやこれやのゴタゴタが面白いという意味である(笑)

最初に言っておくが、私は朝青龍のガッツポーズは何の問題もないと思っている。これが5日目ぐらいに平幕を下して派手なガッツポーズというならそれこそ品格を疑うが、千秋楽で横綱同士の優勝決定戦を制したのである。
仏頂面で何事もなかったかのように土俵を降りてはかえって相手に失礼だろう。喜びを爆発させるに値する相手であり場面であり、むしろいいシーンだったと思う。

朝青龍のガッツポーズが気に入らなければ、勝負の世界なんだから土俵の上で堂々とねじ伏せればいいだけのことじゃないか。八百長でもやっているならともかく、あれ全部ガチンコだって裁判で証言してたぐらいなんだし、横綱に土をつけても誰も文句はないだろう?(笑)

朝青龍のガッツポーズに“物言い”/大相撲

>「優勝した瞬間のガッツポーズなどはいかがなものか。伝統ある相撲の場所でのパフォーマンスを問題とする指摘があった」海老沢勝二委員長(元NHK会長)

念のため言っておくが、海老沢氏は朝青龍を横綱に推挙した張本人のひとりだ。横審が力士を横綱に推挙する際の条件の一つに「品格・力量が抜群であること」という条項があり、横綱の品格に問題があるというのであれば、推挙する際に見極められなかった横審の責任も問われるべきだ。海老沢氏はまず己の不明を詫びてはどうか。はっきり言って、お前がどの面下げて言うとんねん、という話である。

同じ話だが。
大相撲:横審の複数委員が苦言…朝青龍のガッツポーズ

>海老沢勝二委員長(元NHK会長)は「神事と興行面の兼ね合いが難しいところ」

念のため言っておくが、海老沢氏は日本相撲協会と同様に、営利を目的としない法人であるところの日本放送協会のトップだった人物である。営利企業ではない法人の活動なのだから、「儲け(興行面)は後回し」なのが当たり前ではないか。何も難しいことではあるまい。それを率先垂範するべき立場にあった人物の発言としてはいささか品格に欠けるのではないか?
これまた、お前がどの面下げて言うとんねん、という話である。

次はこれ。
角界に“致命傷” 若麒麟 大麻で逮捕

大麻は煙草より健康被害が少ないとか、伝統的に医療に用いられてきたとかいう理由で、賛否両論ある。しかし、現行法では違法であり、所持していたり吸引していたりすれば違法行為として逮捕されるのは当然だ。

とはいえ、歴史上洋の東西を問わず、神事・祭祀の際に大麻などの薬物の助けを借りて人々が神託を授かってきたことも事実である。「神事と興行面の兼ね合いが難しいところ」なのはむしろこっち方面じゃないのか海老沢さんよ(笑)

ちなみに、現在では品種改良が進み、麻布の原料として栽培される産業用の品種は麻薬としての成分がほとんど含まれないのだそうな。また、学術研究・医療に使用する場合には有効成分を化学合成した薬品があり、わざわざ大麻草から抽出するわけではないのだとか。へえぇぇ。

【H21.2.3 追記】
相撲協会、若麒麟容疑者を解雇 師匠は2階級降格

>「まだ25歳と若く、第二の人生を考えると除名まではかわいそう」

大麻で捕まっても「かわいそう」って言ってくれるんだから親方衆は有難いよな。
17歳で殺されて第二の人生もクソもなかった新弟子の方がよっぽどかわいそうだろ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »