« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/26

十年は夢のよう

仮面ライダーディケイド、なんだか面白そうだな。
は?お前は採石場で爆発してたら嬉しいだけだろ?うん、否定はしない(笑)

敵も勢揃いっぽいのは壮観だ。
「カメンライド」システムも面白いけど、平成ライダー全員の全フォームにカードで変身できるのだとしたら、カード何枚になるんかなぁ?とはいえやらしい話、ガンバライドの展開もあるだろうから、できるだけ多く出したいはずだしなぁ・・・

妄想としてはブレイドみたく何枚もカードを使って、例えば「仮面ライダーアームドディケイド・マイティシャイニングサバイブアクセルジャックライダークライマックスエンペラーフォーム」みたいなカオスなのを期待したいところだ(笑)
でもこれじゃあ城之内必殺ゴールデンビクトリーフィニッシュみたいで長いな・・・えー、ここはひとつ「仮面ライダーディケイド・殺虫フォーム」ということで(えw

ディケイドのくせに「センチュリーフォーム」「ミレニアムフォーム」なんてのもアリかもしれない。
いやー、なんにしても面白そうで良かった良かった。
頼むから途中で中折れすんなよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/21

オバマ大統領就任

オバマ大統領の就任式、凄い人やったなあ。アメリカの場合は4年に1度と決まっているからオリンピック的なお祭りムードがあるのかもしれないね。近年毎年総理が替わる日本ではこうはいかない。

歴史を顧みれば、キング牧師の「I have a dream」に先立つこと40余年、国際社会に世界で初めて人種差別の撤廃を求めた我が国の提案を潰したのは民主党選出のウィルソン大統領であった。その民主党から初の有色人種の大統領(といっても黒人と白人のハーフだけど)が出るのだから面白い。

オバマの演説は本当に上手い。もちろんライターが書いた草稿を暗記して喋っているのだが、「読んでる感」がまったくなく、まさに語りかける感じで喋る。演説といいながら持参した原稿を読み上げるだけのどこぞの国の政治家とはえらい違いである。

>Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many.They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met. On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

(訳)今日私はあなた方に、私たちが直面している試練は現実のものであると申し上げます。それらは深刻で数多い。それらは簡単に、また短期間のうちには解決できないでしょう。しかしアメリカよ知りなさい-それらは解決できるのだと。今日この日、私たちが集まったのは、恐怖ではなく希望を選び、争いと不和ではなく共有の目的を選んだからなのです。

アメリカではその巧みな演説で「ケネディの再来」などとも云われているらしいが、暗殺されてホントに「ケネディの再来」になってしまわないよう祈るばかりである。

ちなみに、民主党は伝統的に厳しい対日政策を打ち出してくる。国内経済が疲弊している現状ではなおのこと、オバマが「Yes We Can」と唱えるたびに我々に試練が降りかかることだろう。
そのとき我々に道を示す言葉はあるのだろうか?

国民の英知を結集し,人々の絆を大切にしてお互いに助け合うことによって,この困難を乗り越えることを願っています。 (天皇陛下の新年の感想より)

あったね、よかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/14

真面目にイ㌔(;;;´Д`)ゝ

トヨタ部長級2200人が新車購入 業績回復へ“自主的”行動

不況だ不況だと騒がしいこのご時世にあって、さすがトヨタの部長さんともなるとまだ新車を「自主的に」買えるらしい。なんだ、トヨタまだまだ余裕やん(笑)

簡単な話で、カネがないとモノは買えない。
企業がいくら儲けたところで、人件費をカットしてたらいずれモノは売れなくなる。というか消費者が買いたくても買えなくなる。無い袖は振れないのだから。
期間工や派遣で賃金をケチっておいて、「さあ、クルマを買いなさい!」つーても、そら無理だっての。
自腹で新車を買えるトヨタの偉いさんたちがどこまでその感覚を実感しているか。今後の成り行きはそこにかかっているんじゃないかと。

先日トヨタ相談役の奥田氏が「マスコミへの報復にスポンサーを降りてやろうか」と発言していたが、これはトヨタの広告費が消費者への宣伝を目的としたものではなく、マスコミにネガティブなことを書かれないための対策費だと自ら暴露したということに他ならない。トヨタは都合の悪いことは隠蔽すると記者会見でアピールしたようなもんだ。そんな姿勢でモノが売れるかよ。(そういえば国交省もメーカー別のリコール件数だけは絶対に発表しない。さぞかし鼻薬が効いてるんだろうなぁ)

まあなんだ。
商売ってのはもっと真面目にやるもんだ。

で。政治ってのはもっともっと真面目にやらなくちゃいかんのだけども。

渡辺喜氏が自民離党 造反の松浪政務官は辞任
政党の公認を受けて選挙に出た人は、少なくとも次の選挙までは離党したり所属を変えたりしてはいけないと思う。公認を受けた候補者への投票には当然その政党への評価も入っている。
離党したいのであれば議員も辞めて、補欠選挙で改めて有権者の民意を問うことだ。そういう意味で、この渡辺議員の行動は評価できない。まあ、麻生首相自体が選挙に勝って指名された首相というわけではないので、どっちもどっちだが。


φ(・ω・ )メモメモ
「ギララの逆襲」のDVDは1月28日(水)発売。
http://www.cinemacafe.net/official/guilala/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/01/07

終わりの始まり(2)

派遣村「本当に働こうとしている人か」発言撤回、謝罪…坂本総務政務官

言ったそばから撤回ってのは政治家としてやっちゃいけないだろ。しかも撤回した途端にこれだ。

派遣切り 8労組が経団連に公開質問状 受け取りは拒否

この場面、テレビで見たけど、ホテルに大勢で押しかけて大きな声を張り上げて恫喝するという最低な代物だったぞ。まさに坂本政務官が撤回した発言にあった、「学生紛争の時の『学内を開放しろ』『学長出てこい』という戦術、戦略が垣間見えるような気がした」そのものではないか。
ホテルには他の客だっているのである。こんな行為は単なる迷惑行為でしかない。彼らに真面目に働く気があるのか?と問いたくなるのはひとり坂本政務官だけではあるまい。

生活危機:「面接に行く交通費ない」 派遣村から移動の失業者、厚労省に支援要請

やっぱこいつら真面目に働く気ないだろwwwwこんなのただのタカリやないかwww
というかね、今回こいつらに感じるイヤ~な感じって多分、「人に物を頼むのに頭を下げない」感覚だと思うんだよな。「雇って下さい」「お金を貸して下さい」って普通は頭を下げて頼むもんだろ。

いいかおまえら

お金を借りるときは

頭を下げて頼むんだぞ!
(大事なことなので2回言いました)

結局事態の推移を見ると、坂本政務官は実に正鵠を射ており、発言を撤回して損したとしかいいようがないな。挙げ句の果てに働かなくても遊んで暮らせる超金持ちの鳩山由紀夫にまで「クビにしろ」とか言われてるし。今まで何度も言ってきたことだが、民主党がもうちょっとまともな政党ならとっくに政権は取れている。こういう連中や不逞外国人の肩ばかり持つから「自民党はもうダメだ。でも民主党はもっとダメだ」と思われて、いつまでたっても政権が取れないのである。「実情を把握していなかった」のは果たしてどちらだったのか、いずれ明らかになることだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009/01/05

終わりの始まり

あけましておめでとうございます。
この過疎ブログも相変わらず好き勝手に続けて参りますのでよろしくお願いします。

さて、新年早々世の中はえらいことになっているようで・・・

日比谷公園の「派遣村」引っ越し 都内4カ所に移動

この「派遣村」のやり口は横紙破りと恫喝の連続で、「動機が純粋なら何をしてもいい」という感じなのよな。それが好意的に報じられる様ははかつての5・15事件の頃の世論にも似ていて、「決まりを守らない」「筋を通さない」が蔓延する予感に満ちている(今でも十分蔓延しているんだけどなw)。日本が再び滅びる日も近いな。

今回のこの一連の話で私がおかしいと思うのは次の2点。

1.厚労省のセキュリティの杜撰さ
厚労省の講堂って本省の2階でしょ?厚労省はそんなところに人を入れるのに最低でも身元調査と所持品検査ぐらいはしたんだろうな?外国の工作員や過激派が失業者に紛れて毒ガスや爆弾を持ち込んで来たらどうするつもりだったのだろうか。一国の政府の中央官庁としてあまりにもセキュリティが甘すぎる。

2.派遣村側のやり口
役所が休みなのを承知で生活保護の申請をFAXしたり、政治家を使って厚労省に談判したりと、やり方があまりフェアではない。単なる善意による「困った人を助けよう」という活動であれば、以前からずーっと野宿で年越ししている人が大勢いる釜ヶ崎や山谷にも気を配るはずだし、休日に施設を開放した役所に感謝の言葉のひとつもないわけはない。察するに彼らの活動は「弱者を助けてやっている俺SUGEEEE!」「役所をやりこめた俺TUEEEE!」という実にくだらない自意識のなせる技ではないかと思う。純粋な善意でボランティアに行っている人も大勢いるようなのだが、なんとも気の毒なことである。

でもね、実際のところ法定の最低賃金って生活保護基準よりだいぶ低いのよな。そういう意味では政府が「働いたら負け」を公認しているとも言えるわけで、そこはまず改めるべきだとは思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »