« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/30

人は見た目が9割

タイトルはある本のタイトル。

「見た目」不合格問題で神田高校長を更迭…神奈川県教委

目を疑う、とはこういうことだな。結局校長先生が悪いってことになったのか。
しかもその理由が「選考基準として公表していなかった」。
神奈川県教育委員会はバカの集まりなんやなぁ。大阪がクソ教育委員会なら神奈川はバカ教育委員会だ。こんなバカどもに教育される生徒が可哀相や。

服装や態度は「選考基準」じゃないだろう。それ以前のしつけと身だしなみの問題である。
学校が指導する部分も必要だろうが、基本的には本人と家庭の責任において身につけるべきことだ。

だいたい、もし仮に「茶髪は不合格」という基準を事前に公表していたら、こいつら黒髪に戻して受験に来るのか?
ダメだと言われてやめる程度の根性なら最初からすんなよってだけの話だ。甘えんな(笑)

こちらは別の記事だが。

教育評論家の尾木直樹さんの話「問題がある生徒だからこそ教育し、一人前の社会人に育てるのが公教育の役割のはず。外見だけで判断して、人間として成長し、学力をつける機会をだまし討ちのように奪うことは許されない」

「だまし討ち」と来ましたか。
服装や態度の悪い奴は不合格になることもあり得る、というのはいちいち事前に公表してないとだまし討ちになるのだろうか?そんなことは言われなくても当たり前だと思うのだが。
外見だけで判断というが、高校受験の時点(つまりまだ中学生)で茶髪だピアスだってのはある程度「判断」されても仕方ないだろう。何度も言うが、ダメだと言われたらやめる程度の根性なら最初からやらなきゃいいだけの話ではないか。
判断されているのは「わざわざ入試の場にそういう外見で来る」という行為なのであって、単に外見だけを問題にしているわけではないのだ。
しかし、こんなトンチンカンなコメントでメシが食えるんだったら俺も教育評論家やろっかなw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/28

金融危機

今起きていることは簡単に言うと、詐欺師と博打打ちが他人のカネまでスッちゃったからみんなが迷惑しているという話なのである。
今やらなければいけないのは、「儲かる博打などない」という当たり前のことを思い出す、これに尽きる。
他人の金を右から左に動かして儲かりました、なんてのは商売じゃなくて博打なんだよ。
博打を打つなら負けても文句を言わない。これも当たり前のことだ。

なんちゅうかなあ、この問題に登場する輩はどいつもこいつもカッコ悪いよね。
博打打ちには博打打ちなりの矜持というものがあるだろうに、それが全く感じられん。
投資家などといっぱしの職業のような肩書きでも出し入れしてる額が大きいだけで、そのメンタリティはパチンコ屋でぶつくさ文句言いながらスッてるおばちゃんと一緒じゃねえか。

もうね、あれだよ。
テメェらが博打でスッといて「国がナントカしろ」なんて文句言ってる奴らにはこう言えばいいと思うよ。

「いっぺん、死んでみる?」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/23

下々の皆さん

国民感覚とズレ?首相連夜の会合 記者の質問に「怒」

まあ何ともレベルの低いことで。こんなもん「政治」のニュースじゃねえだろ(笑)
これ聞いてる記者の方も会社から官邸にハイヤーで乗り付けるような連中なので、程度の差はあれど浮世離れという部分ではどっちもどっちである。

だいたい麻生太郎はもともと庶民とはかけ離れた血筋に生を受けた人物である。
実家は炭坑でひと山当てた日本有数の金持ち。
母方の祖父は吉田茂で、その閨閥のおかげもあって親戚に首相経験者が7人もいる。
吉田茂(母方の祖父)
岸信介、佐藤栄作(吉田茂の従兄弟)
安倍晋三(岸信介の孫)
鈴木善幸(舅)
宮沢喜一(妻の弟の妻の従兄弟)
橋本龍太郎(父方の祖母の甥の娘の夫)

妹の嫁ぎ先に至っては皇族(寛仁親王殿下)である。天皇陛下が義理の従兄弟になるわけで、間違っても庶民の血筋などではありはしない。初めて選挙に出たときの第一声が「下々の皆さん」だったのも納得である。
むしろ夜な夜な貧相な食事の方が不自然だろう。

有権者としては裕福な総理が夕食に何を食おうと知ったことではない。自腹で食ってる分には何でも好きなだけ飲み食いすればいいではないか。
ちゃんと政治をやってくれればそれでいいのである。記者もどんだけヒマなのか知らんが、もうちょっと他に報道することもあるだろう。金持ちのナイトライフを羨ましがる気持ちはわかるが、ちゃんと働け。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/15

傍観するなら税金取るなよw

テロ支援国家指定を解除 米政府
【テロ指定解除】ヒル次官補「再指定はない」

この流れをぼけーっと傍観している日本政府はもうダメだな。
アメリカが拉致問題を切って捨てたのだから、独自に動く千載一遇のチャンスではないか。
「アメリカがどう動こうと勝手だが、我々にとって拉致がテロであるという認識は変わらない。むしろアメリカがアテにならないんだから我々は北朝鮮が拉致被害者を帰して土下座するまで、ありとあらゆる独自の手段をとる。核武装とか巡航ミサイルの開発とか万景峰号をうっかり撃沈とかな」ぐらいのことを言えばいいのである。
北朝鮮のような最貧国ですら「核持つぞゴルア」でこんだけのおおごとになっているのである。我が国が核を持つ意思を表明したらそれ以上の影響力があるのは間違いない。
・北朝鮮が拉致被害者を全員返す
・中国が我が国に向けている核ミサイルを撤去する。
このふたつの条件と引き替えに開発を断念する、と発表すれば進まなかった話も進むはずだ。もちろん、前にも言ったが本当に持つ必要はない。維持費もかかるし実際に使うわけにもいかないから、落としどころは開発断念でいいのである。断念しといて何かあったときに狼少年的に使える便利なカードとして持っておけばいいのだw

テロを徹底的に断罪することは海外にいる邦人の安全確保にも繋がる。
「日本人に手を出せばタダでは済まない」「日本人は受けた恩は決して忘れない」
世界の人々にそう思ってもらい、実際に行動で示すことが一番のテロ対策である。我が国には少なくとも拉致と9・11という、いまだに犯人が裁かれていないテロの被害者がいるのだ。まずは実際に被害にあったテロに対してきちんと落とし前をつける。それが政府の仕事だろう。

ホント、国民の安全を守らないで、どういう根拠で税金取ってんだこの国は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/08

血液型ゲノム

血液型ゲノムってのをやってみた。

てるしさんの診断結果


怠けがちなよくしゃべるO型

一度話しだすと止まりません。

神経質度: ★★☆☆☆
自分好き: ★★★☆☆
八方美人: ★★★☆☆
気分屋度: ★★☆☆☆

C H A R A C T E R  性 格

あなたは趣味に走るところがあります。そして冷静なときと熱いときの温度差が激しいです。気分次第でころころ言うことが変ります。本人にもわかりません。他人に何か頼まれるとイヤとはいえない性分です。向上心をもって常に伸びようとします。また自分が思っているより無責任なため、自分の意思を優先します。ちょっとずるいところがあります。怠け癖があります。

W O R K 仕 事

気分で結構かわってしまいます。だめなときはイケてません。人助けが好きですが見返りも求めます。尊敬できる上司や社長を求めます。プラスのあるほうに行動します。面倒なことはやりたくないところがあり、周りの人と調子を合わせてなんとかします。とにかく面倒くさがりです。

L O V E 恋 愛

熱しやすく冷めやすいところがあります。ついつい損得勘定で相手の女性のことを見てしまいます。相手の女性を尊重します。お互い成長し合える関係を望みます。慣れるとすぐ相手に適当になり、相手のネガティブな部分に疲れるときがあります。相手と繋がりたいという気持ちが強いです。あなた自身はあまりやる気がありません。


怠け癖があります。
とにかく面倒くさがりです。
あなた自身はあまりやる気がありません。

なんだこのダメ人間・・・・
しかもあながち外れているわけではないところがなんとも orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/02

適当に頑張れ朝日新聞

麻生首相、「大東亜戦争」と表現 戦争観問われ

朝日新聞が宿敵・麻生太郎に早速因縁をつけ始めた(笑)
私は朝日新聞の政治的姿勢は反社会的だとすら思っているので決して賛同するものではないが、旗色が明確な点だけは認めてもいいと思う。

政府は昨年の国会で鈴木宗男議員の質問に対して、「大東亜戦争」は当時閣議決定された呼称であること、「太平洋戦争」という言い方は政府が定義したものではないこと、故にそのふたつが同じかと聞かれても答えようがないという趣旨の回答をしている。
首相はもちろん政府の人間であり、首相の立場で「太平洋戦争」と言ったら、それはそれでこの国会での回答を反故にすることになるので、「大東亜戦争」としかいいようがないのである。
朝日新聞は当然このことを知っていてカマをかけているのである。もし麻生首相が「太平洋戦争」と言っていれば、「自分が閣僚だった時の政府の見解を反故にするのか」と批判したに違いない。
まんまと乗せられて吉田茂だ教育勅語だとトンチンカンなことを言っている官房長官は朝日新聞にとってはさぞかしいいカモに見えたことだろう。ああ、くだらない(笑)

まあ私としては、別に太平洋だけで戦争してたわけじゃないので、「大東亜戦争」でいいんじゃないかと思うが、名前をどうするかなんてことは些細な問題である。まあ、適当に頑張れ、朝日新聞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »