« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/26

敗因

星野ジャパンメダルなし むなしい惨敗4位

勝敗は兵家の常。
100%勝ちたいのなら「仕込む」しかないわけで、結果がでなかったからといって叩くつもりはないんだけど、その後があんまりみっともないので文句のひとつも言いたくなる。

ストライクゾーンが違う、環境が違う、時間が早い・・・
全部事前にわかっていたことじゃないのか?
柔道みたく微妙な国際ルールでも「それでも一本にこだわる」(谷本選手)とか「それはそれで活用して勝ちに行く」(石井選手)とか、ちゃんと対応しようと言う気があればなんとでもなったことである。
言い訳にしてもあまりに見苦しい。「強い者が勝つのではなく、勝った者が強い」なんてのはキューバや韓国あたりが言うならともかく、トータルで負け越したチームの言う事じゃない。

「弱いから負けた」のである。
他に理由などあるものかw
それを自覚できなければ何度やっても一緒である。

日本も国際ルールでやろうぜ。タイブレーク面白いし(まだ言うかww)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

タイブレーク面白いやん!

オリンピックの野球、延長戦で日本としては初のタイブレークに突入。これはノーアウト1・2塁から始めるというもの。10回まで0-0だったのがタイブレークになったら点が入る入る。
私としては1アウト1・3塁から始めた方がよりスリリングだと思うが、タイブレークで劇的かつ素早く試合が終わるのは大歓迎である。日本の野球もこれやろうぜ!

ちなみに、タイブレークで日本が4点も取られたのは、「ノーアウトで1塁にランナーがいたらバント」というのが日本の野球選手に染みついているからである。初球からガンガン打ってくるなどとは思ってもいなかったに違いない。

・・・甘い(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

夏は映画ラッシュ

ポニョ以外にも最近いろいろ見てきたのでちょっとずつ感想など。

ザ・マジックアワー
三谷幸喜のコメディ映画。前作の「THE有頂天ホテル」はちょっと詰め込みすぎの感があったのだが、今作はテンポと笑いどころのバランスがちょうどいい。佐藤浩市と西田敏行の天丼の掛け合いは最高に笑える。

スピードレーサー
単純明快なストーリーでレースのシーンも大迫力なのにマンガチック。適度に原作リスペクトが織り交ぜられているのもナイス。見終わったあとスカッと爽快になる一本。

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪
普通に面白いんだが、全編ネタとオマージュ満載で、怪獣映画フリークにはさらにたまらない出来。
67年のギララに主演した和崎俊哉が出てるのにはビックリ。そのギララで和崎の相棒役だった柳澤愼一が「ザ・マジックアワー」に出てたのはもっとビックリ。
ネタの検証用にDVD買っちゃうな、これはw

ドラゴン・キングダム
ジャッキー・チェンとジェット・リーの共演が話題の作品。どうもこの二人のギャラに制作費をだいぶ取られたようで、ポスプロがほとんど韓国のスタジオになっていて、エンドロールはほとんど深夜アニメのような状態にw
でもCGはちゃんと見られるレベルだったし、アクションも満喫できる仕上がりだったな。
ちなみに「ドラゴン・キングダム」は邦題で、原題は「FORBIDDEN KINGDOM」(禁断の王国)。ドラゴンまったく関係ないので本編にはもちろん出てこないw

ダークナイト
「バットマン・ビギンズ」の続編。ジョーカーを演じたヒース・レジャーが急逝したのが記憶に新しいが、そのジョーカーの演技が素晴らしくえげつない。タイトルに「バットマン」って入ってないのはジョーカーが主役といってもいいほど目立ってたからかと勘ぐりしたくなるくらいw
2時間半あるけどジョーカーが次々とえげつないことを仕掛けてくるので間延び感はまったくない。

炎神戦隊ゴーオンジャー&仮面ライダーキバ
東映ヒーローの劇場版はチビッコの集中力が切れないうちに終わらないといけないのでとにかくテンポが速い。
あっという間に終わった感じ。ま、いつものことだけどね。特に「ええっ!?」と思うところもなく終わったということは、きちんとまとまっていたということだろう。でもキバで電王ネタやるのはどうかと思うぞ。
しかし仮面ライダーアークって「最大の仮面ライダー」だったのか。てことはJは黒歴史?

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
原題は「THE MUMMY  Tomb of Doragon Emperor」(ザ・ミイラ 龍皇帝の墓所)。1作目の「ザ・ミイラ」を「ハムナプトラ」という邦題にしてしまったのが運の尽きだな。まあこのトホホ感がこのシリーズの面白いところでもある。
今回もとんでもない予算をかけてひたすら明るく楽しい冒険を繰り広げている。明るいんじゃなくて派手なだけかw
なんだろうね、この無駄遣い感はw単純明快なストーリーに家族愛と恋と冒険を詰め込んだら、もうちょっと正統派の映画になりそうなもんなんだが、シリーズを通じてずーっとこのおバカテイストは変わらない。(だから好きなんだが)
今回も見終わった後に「あー面白かった」と笑顔で劇場を後に出来る作品だ。3日ぐらい経ったら中身忘れてそうだけどな(笑)

こうやってみるとポニョ以外はだいたいどれも面白かったってことだな。
特にマジックアワーとダークナイトはどんな人でも楽しめる名作だと思う。
あ、ギララは見る人選ぶから別格ってことで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »