« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/17

判官贔屓は「はんがんびいき」?

読売新聞は「判官贔屓」にわざわざ「はんがんびいき」とふりがなを振ってあったぞ。
間違いではないらしいけど、語源の「九郎判官義経」は「くろうほうがんよしつね」なんだからやっぱりルビを振るなら「ほうがんびいき」じゃないのかなあ・・・

まあいいや。

「とっとと辞めたらいい」と書いたらホントにとっとと辞めちゃったね<安倍総理

「辞めない」と言っても「辞める」と言っても批判しまくるマスコミと違って、私はそれでいいとしか言わないぞw
で、福田だ麻生だという話になっているが、福田は自民党の重鎮のくせに社会党左派みたいな言動が多いから、総理になるとロクなことにならない。悪夢の日々の始まりである。(まあ、解散総選挙までの短命内閣だろうが)

麻生は「自由と繁栄の弧」はいいアイデアだと思うし、9・11についても「日本人が犠牲になっているのだから他人事ではない」と明確に述べているなど、考えや政策は支持に値すると思うのだが、いかんせんトップに立つと持ち味が発揮できないタイプだよなw
二番手ぐらいの気楽なポジションで好きに暴れている方がらしいというか。


・今回の総裁選でちょっぴり男を下げた人
山本一太参議院議員
自分のブログに「候補者の政治姿勢や政策を全く見ないうちに「投票行動」を決めてしまったら、オープンな総裁選挙をやる意味がなくなってしまう。」と書いた翌日に福田支持を表明した上で「福田元長官には一刻も早く「政策」(=総裁選挙の公約)を発表していただきたい。」と言い出した。意味なくなったなw

・今回の総裁選でちょっぴり男を上げた人
杉村太蔵衆議院議員
「グループで支持を決めるなんて一昔前の自民党に戻ってしまう。先祖もビックリの先祖返りだ。そんなのおかしい!」と吐き捨て、福田支持を求める会合を途中で退席したのだとか。 やるじゃん。

・今回の総裁選でかなり男を下げた人
武部勤元自民党幹事長
上の杉村氏の行動に対して「もう来るな!」と怒ったそうな。
若い者ひとり持て余して正論に逆ギレかよw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

9・11は他人事なのか

「グラウンド・ゼロには市民や遺族が集まり祈りを捧げています」

のんきにこんなレポートをしているレポーターぱっかりだ。
あの事件は日本人にとっては他人事だったのか。断じて否である。
二十数人の同胞が卑劣なテロにより命を奪われた大事件。これ以外に認識のしようがないはずだ。
政府は国家の威信にかけて犯人を検挙・処罰しなければならない。アメリカへの「対テロ」協力も本来ならこの大原則に立った上で行われるべきなのである。
「対テロでの協力は国際公約」などと素っ頓狂な寝言を放言する総理大臣など、とっとと職を辞したらいい。
既に自国民に犠牲者が出ているテロに立ち向かうのに「国連のオーソライズ」を求める野党の党首もとっとと退場するべきだ。てめぇら、国民の命をなんだと思ってるんだ。まあ、なんとも思ってないんだろうけど(笑)

政治家たるもの「犠牲になった国民の落とし前をつける」となぜ言えないのか。
既に犠牲者が出ている以上、テロの撲滅は政府にとっては国際公約以前に自らに課さねばならぬ使命であるはずだ。そんな調子だから拉致問題も一向に解決の糸口が見えてこないのである。

これではあまりにも犠牲者が浮かばれない。
今からでも遅くはない。テロ対策を自らの問題として取り組め。それが政府の、政治の正しいあり方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

軍隊式?

昼間に自転車に乗るもんじゃないね。
あまりの暑さに思っていたよりだいぶ早い段階でバテてしまった(^^;

さて。

「応援服変更記事は事実無根」宇治山田商が産経に訂正要求

世の中にはこういう輩がいるのだねぇ。
まあ事実無根ということなのでいいんだけど。
ビリーさんとか思いっきり「軍隊式」言うてるのはいいんかいw
「学ラン」より「部活」そのものが問題なんだけどな。些細なことに文句を言うのに肝心なことはほったらかし、というのはよくあることだが、あまりに知能が低くはないか?


世界陸上も終わり。日曜たんびに朝から主要な幹線道路を交通規制という大変迷惑なイベントだった。
だいたい大阪は市も府も財政破綻が現実的な問題になりつつある現状で、赤字イベントをやってる暇はないはずなんだ。裏でいろいろオイシイとかあるんだろうけど、迷惑なので金輪際勘弁してくれというのが一大阪市民としての偽らざる心境ではある。


遠藤農相辞任:安倍首相に辞表提出

本人も就任した瞬間に「やりたくない」って言ってたからいいんじゃないでしょうかwww

日本の政治家はお金がないと立候補すら出来ない(選挙区で300万円、比例だと600万円の供託金が必要)ので、政治家に「カネにクリーン」というのを求めるのはそもそも制度と矛盾している。政治とは「国家の舵取り」ではなく「利権の分配」の場である、という現状を認めた上で、どうしていくかという議論が必要ではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »