« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/24

親方日の丸

式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁

どこの国のものであろうと式典で国旗掲揚・国歌斉唱が行われるときは起立脱帽して敬意を表するのが万国共通のマナーだと思うのだが、どうも我が国では違うらしい。前途ある若者がこんなことで世界で恥をかいたり殺されたりしないよう、高裁で判決が覆ることを期待したい。

そもそも、公立の学校で国旗・国歌を拒否する教員がいること自体不思議である。「親方日の丸」という言葉もあるように、彼らが一般企業の社員であれば親会社の社章や社歌に当たるものではないか。我々一般人から見れば、日の丸も君が代も、彼ら自身が自分で好き好んで就職した勤め先の旗印や歌なのである。良心の自由も結構だが、その自由によって選択した勤め先の旗印であり歌ではないのか。
そんなに気に入らないのなら、はじめからそんなところに就職しなければいいだけの話である。就職してから気に入らなくなったのなら、辞めて世間のどこにでもいくらでもある国旗や国歌を強制しない職場で働けばいいだけの話である。
公立学校で日の丸や君が代が苦痛だというのは、タイガースの選手が六甲おろしが苦痛だというようなものである。要するにその人はその職場なり業種に向いていないので、とっとと転職した方が本人のためでもあり周囲のためでもあると思う。

ところで、東京地裁は「国旗・国歌法で日の丸・君が代が国旗、国歌と規定された現在でも、なお国民の間で宗教的、政治的にみて価値中立的なものと認められるまでには至っていない」とまで言うのであれば、当分の間国旗・国歌はこれを使いなさい、という代案を示して然るべきではないのか。
日の丸・君が代に反対する人々の多数に言えることだが、「じゃあ何を使うのか」ということを提案しないと議論のしようもないではないか。「賛成の反対の反対なのだー!」では赤塚不二夫の漫画である。面白い分漫画の方が100万倍有意義だが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/22

連想ピラミッドバトン

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」2回目観賞。やっぱりウルトラ兄弟の変身シーンで目頭が熱くなる。特撮には細かいツッコミどころがつきもの。それぶっ飛ばす熱さがあるならば、それは名作の名に値すると思う。見なきゃ損だよ、これは。

あちこちの感想を拝見しているとどうもタロウの声が石丸博也氏だったのが納得いかないと言う人が多いようだ。

皆さん、なにをおっしゃいますやら!!

石丸博也氏は「ウルトラマン物語」でタロウの声を当てているのだから、こちらも20数年ぶりの復活となる「正しい」キャスティングなのだ。それもウルトラの歴史のうち。まあ、ハヌマーンなんて黒歴史もあるけどさ(笑)

さて、ファンタジスタ乙女のドキドキ☆バルコニーさんのところにあった「連想ピラミッドバトン」を拾うのが今日の本題。

◇やり方

◆まず適当に「い」で終わる形容詞を8つ書き出します
◆隣り合う二つの形容詞から連想する言葉を、その下に計7つ書き出します
◆例)美しい 白い 寒い 面白い…     
       肌  雪 駄洒落…
◆同様にして次は6つ、その次は5つ…という風にピラミッド式に連想を続けます
◆最後に連想した言葉が1つになったら完成です


楽しい  しんどい  熱い  眠い   暗い  美味しい  うるさい  かっこいい

 来迎聖臨   風邪   こたつ  熟睡   屋台   せんべい  ロボット   

      徹カラ   正月   幸せ 酔っぱらい おつまみ Dr.スランプ

       さすがにない お年玉 えんでぃー チーズ鱈 ガッちゃん

          遣いきれない あげる側  ビール  食べる

                それは無理 ヤケ酒  飲み会

                      付き合い 昔の話

                      腐れ縁


2:この逆ピラミッドは下にある言葉ほど、 あなたにとって大きなテーマだと考えられます。自分の作ったピラミッドをみてどうですか。感想をどうぞ。

俺そんな飲み助じゃないんだけどなぁ(苦笑)
つーかむしろ全然飲まない方なんだけど。

例によって回さないので拾いたい方はご自由に。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/09/18

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟(ネタバレあり)

※ネタバレしてます。

嫌な人は我慢してください(おいw)

CMの「ウルトラマン。地球での名は、ハヤタだ」にシビれて映画館まで行ってしまった。
いや~、歳は食ってもヒーローはカッコイイね。予想を上回る出来で満足。
以下つらつらと感想を。

○素晴らしかった点

  • ウルトラ兄弟(変身前)は歳を食ってもカッコイイ。
  • BGMが各ウルトラマンの曲や「ウルトラ六兄弟」のアレンジなのがいい。
  • 先輩のウルトラ兄弟のメビウスへのアドバイスが熱い。
    「我々ウルトラマンは神ではない。どんなに頑張っても、救えない命もあれば届かない想いもある。」と悟っているのに、それでも「最後まで諦めるな」「信じる心が勇気に変わる」と教えるくだりは涙もの。
  • テンペラー星人がマントを翼のように広げて飛ぶシーンはナイス。
  • タロウが宇宙警備隊の教官になっていてメビウスはその教え子ということが(テレビでも同時に)明らかに。
    「ウルトラマン物語~星の伝説」で子供時代のタロウを知る世代には感慨もひとしお。
  • 板野サーカス全開の空中バトルのおかげで戦闘シーンはスピード感溢れる仕上がり。
  • タロウはツノに、ゾフィーは胸のブツブツに膨大なエネルギーを蓄積できるって設定、あったねぇ。結果オーライっぽい感じはしないでもないけど、設定を上手く使った格好になってた。
  • ザラブ星人がウルトラマンに化けると目つきが悪くなって爪先がとんがるのはお約束(笑)そこをツッコんで「よく見ろ。目つきが悪い。真っ赤な偽物だ」と看破するサコミズ隊長素敵すぎ。

○笑ってツッコミたい点

  • ウルトラ兄弟が20年前に宇宙で撃墜したUキラーザウルスが落ちたのが神戸の沖合。宇宙空間から瀬戸内海に落ちるってもの凄いピンポイントやないか。一歩間違ったら落ちてきたUキラーザウルスで瀬戸内海沿岸のどこかの街が壊滅していたはず。
  • ウルトラ兄弟はファイナルクロスシールドでエネルギーを使い果たして変身もできなくなったとのこと。命でもホイホイ持ってくるゾフィーが20年もほったらかしていたのが不思議と思ったのだが、ウルトラマンの寿命を考えると20年ぐらいだったらまだ心配すらしないくらいの期間なのかもしれないw
  • エネルギーを使い果たして倒れた(ミライに戻った)メビウスがもう一度変身するとカラータイマーは青。いくらその直前に気合いの入るエピソードがあったにしても、チャージ早すぎ。
  • クルーガイズは今回完璧に蚊帳の外。結界の外を飛行機でグルグル回っていただけでなんもしてない。
  • メビウスインフィニティの必殺技は…サイコクラッシャー??光線出すとかもうちょっとなんかやろうよ。
  • 「ストリウム光線!」と叫ぶときはエコーだろエコー。

○隣に座ってた小さい子供さんのコメント

  • ナックル星人(中尾隆聖)の声を聞いて「フリーザ!フリーザ!」
     …その隣に立ってるのはミスターサタン(テンペラー星人=郷里大輔)とピッコロ大魔王(ザラブ星人=青野武)なんだけどね~(笑)
  • ゾフィーとタロウが駆けつけて来て「遅くなったな」というシーンを見て「ほんまに遅いって!」
  • メビウスインフィニティを見て「あっ、またニセモンや!」
      …確かに顔のラインが黒くなってるしなぁ。

評価としては、若干のツッコミどころはあるものの、非常に面白い作品だった。
エンドロールにも飽きさせない工夫がしてあるのはGJ。
あのエンドロールに、帰りたがる子供を引き留めて見入っている親御さんも多かった。
たぶん、DVD買うだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/09/17

時をかける少女

やっと見ることができた。今まで2回見に行こうと思って足を運んだのだけれども、満員で入れなかったという人気ぶり。(大阪だとテアトル梅田でしかやってないというのが一番の原因だと思うが)

いや、確かにこれはリピーターになるね。

キャラ萌え全盛の最近のアニメとしては珍しく後味のいい終わり方。
私のような30代半ばのオッサンが見るとどうしてもノスタルジーのフィルターがかかってしまう部分があるのだけれど、明るくもせつないストーリーは驚くほどの直球。これは多分、高校生ぐらいの若い人こそが見た方がいい。
未来は自分で切り拓くものだけど、その意志は容易なことで挫けてしまいがちだ。この作品は、これから未来を切り拓く意志を必要とする人のささやかな、しかし確かな支えになるだろう。

エンディングの歌もこの作品のために書き下ろしたと思しき名曲。劇場で聞いただけなのでうろ覚えだが

いつか他の誰かを好きになっても あなたはずっと特別で大切で

というサビの歌詞にはちょっとホロリ。けどな、そんなことは、青春まっただ中の時期にはわかんないもんだよ(苦笑)

あと、作品の評価とは何の関係もない余談なんだが。
主人公の名前が紺野真琴って、細田監督、あんたモーヲタやろ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

平穏な週末

この週末に見たりやったりしたもの。

・グエムル 漢江の怪物
怪獣映画ではなくてモンスターパニックもの。韓国映画の特徴である「やりすぎ」がこの作品でも炸裂しているので、怪物の造形やら暴れるシーンやらが割とグロい。見る人を選ぶかもしれない。
 ○弓使いのおねーちゃんがかわいい
 ○哀愁漂うトランペットが印象的な音楽がいい
 ×ネタバレになるので詳しくは書かないが、某アイテムの効能がよくわからない
 △主演の役者が広澤克実にソックリなので、つい笑ってしまう(これは誰のせいでもないけどねw)

・アイシールド21
ここんとこジャンプ読んでなかったのでまとめ読み。
モン太の手が出てたからボールデッドで首の皮一枚繋がった、って話だったんだけど、あの場合ボールか足が出てないといかんのじゃなかったかなぁ…教えて岡崎の偉い人(指名かよw)

・Gジェネレーションポータブル
最近のGジェネにしてはやりごたえあり。
でもア・バオア・クーにνガンダム投入したら場違いなほど強かった(笑)
バンダイの戦略上種系が強いのは仕方ないんだろうけど納得いかないw
そして何より。
PSP電池切れるの早すぎ。

あとは家事とかたまったビデオ録画の消化とか。(これがなかなか追いつかない)
ま、たまにはこういう週末もいいね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »