« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/29

杉村太蔵、負けるなよ

「幼稚で無責任だった」杉村太蔵議員、言動を陳謝

なんだよ、せっかく面白かったのに。
「歳費が2500万円」「グリーン車乗り放題」ってのは事実なんだから、それを口に出したところで誰に怒られることでもない。もし怒られたのだとしたら、そりゃ怒ってる人たちが「もらいすぎ」「ぜいたくすぎ」と思っていて後ろめたいからだ。幼稚で無責任なのは一体どちらか。
「料亭に行ってみたい」だって、政治家の会合が料亭でたびたび行われていることは周知の事実であり、この発言を咎められるいわれはない。
「品位に欠ける」ということで叱られたそうだが、では国会議員のみなさんをずらっと並べてみたときに品位に満ちている人物などどれほどいるというのか。そもそもここらへんを仕切っていると思われる武部幹事長や、杉村議員の所属する自民党のトップである小泉総裁の人物に「品位」とやらを感じる有権者がどれくらいいるのか是非聞いてみたいものである。

杉村議員も杉村議員である。

お前な、吐いたツバ飲まんとけよ。

せっかく面白い(かつ正しい)ことを言ってるんだからちょっと文句言われたぐらいでコロコロ態度を変えるな。
自分の最大の魅力が「素人臭さ」だということを自覚してないからこんなことになるのだ。
心配しなくても「自覚と責任」のある国会議員など滅多にいないのだから、必要以上に落ち込むなと言いたい。
正直、ガッカリした。まだ始まったばかりなんだから、今から負けるなよ。

お、阪神マジック1か。甲子園で胴上げできるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/27

劇場版マジレンジャー&響鬼(ネタバレあり)

「鋼力招来」ではなくて「剛力招来」。
「ぷちふらんす」ではなくて「ぷちぷらんす」
「スピードスタート」ではなくて「スピードスケート」
だと思うのだがどんなもんか>切腱堂

ま、それはおいといて。
マジレン&響鬼、劇場版を見てきた。公開から半月ぐらい経っており、そろそろいいだろうと判断してネタバレありの感想を書くので、ネタバレいや~んな人は見ないように。ま、うちはカウンタも解析もつけてないので、見てる人がいるのかどうかも不明なんだがw(とはいうものの、「読んでるよ」ってよく言われるのよなぁ。)

魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁
愛しの山崎さんがさらわれてインフェルシアで冥獣人の花嫁にされかかる、という話。
インフェルシアに乗り込むためにマジトピアの一角聖馬ユニゴルオンを借りに行くマジレンジャー。そこに現れたのはマジトピアの長、天空大聖者マジエル様だった・・・

って、
マジエル様っていいつつ、

あんた、いや、あなた様は

ヘドリアン女王やないか!(笑)
(演じているのが曽我町子だったというだけの話だがw)

以前にも私は「天空聖者はやることがえげつない」と指摘したことがあるが、その謎が解けた。ヘドリアン女王はデンジマン、サンバルカンに敗れ、しばらく前にはバンドーラ女王として復活したものの今度は恐竜戦隊ジュウレンジャーに敗れたのだが、さすがに3度も破れて改心したのか、今では天空にマジトピアを打ちたて、正義の味方の天空大聖者マジエルとして君臨していたのだ。デスラーも真っ青の波乱の生涯であるw
そりゃもともと悪者だもん、えげつないわなw

ン・マ様には悪いが、悪者としての格が違う。インフェルシアがマジトピアに勝てなかったというのも納得である。

一角聖馬ユニゴルオン(要するに白いバリキオン)とマジレッドが合体したセントカイザー(要するに白いファイヤーカイザー)の活躍で冥獣人は撃破。山崎さんもマジレッドが魁だということに気づいたらしく、めでたしめでたし。
ちなみに、マジシャインは敵の攻撃を食らうと「奥の手」と称して天空聖者サンジェルの姿になって戦っていたが、もともとのサンジェル形態の方が強いんやったらわざわざマジシャインに変身しなくてもいいんじゃないか?あれかな、天空聖者は地上では3分間しか戦えないとかそういう制約でもあるのだろうか。あっ、だったら「命をふたつ持って来た」でマジマザーも復活やん!(こんな与太話の予言が当たったら怒るよ私はw)


仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼
いつごろの時代なのかよくわからないが猛士創設の謎が(謎でもないか)明かされる。
まー話は序盤であきらがサクッと死んでしまうのであとはどーでもいいや。(おい)
なのでポイントだけ。

・あきらの出番少なすぎ!結局そこかいw
・昔の鬼は変身を解くと変身前の服装に戻れていた。
・昔のディスクアニマルは大魔神クラスのデカさに巨大化していた。みどりさん、技術が退化してないか?
・烈雷は代々受け継がれて来た名器という設定だから昔からあるのはいいとして、音撃管・疾風も昔の威吹鬼が使っていた。みどりさ(以下略)
・トウキさんは念動の術を会得していた。どうも変身解除といいディスクアニマルといい疾風といい、猛士には失われて現代に伝承されていない技術・秘術がたくさんあるようだ。
・姫のコスチュームはかっこよかった。現代(TV本編)にも登場希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

戦う民主党

民主党の新代表が前原誠司氏に決定した。
前原氏は防衛政策のエキスパートなんだそうで、国防や憲法に関する政策が自民党と近いため、民主党として独自の路線を打ち出していけないのではないかという懸念があるのだそうだ。

だが、現実的な路線で我が国の国防というものを考えたら、概ね似たような着地点になるのではないだろうか。
・自衛隊を正式に軍隊として認知する。
・軍隊を統制するための軍法を整備する。
・日米安保条約を堅持する。
・集団自衛権の行使を容認する。

安保を廃止して憲法9条を厳格に守れ、という主張はナンセンスですらある。

もし私がどこかの国の指導者だったとしたら、日本が日米安保条約を廃止したらまず間違いなく戦争を仕掛ける。
なぜかと言えば、アメリカが手出ししないのであれば、日本を攻撃しても最悪でも仕掛けた部隊を撃退されるだけでこっちの国や基地が攻撃される心配がないからだ。自分勝手なペースで好きなように消耗戦と通商破壊が行えるのだから自前の資源がない日本には絶対負けない。やる前からアウェイで引き分け以上が確定しているのだから、こんなオイシイ戦争もない。

つまり、国防にあたっては国外からの攻撃という事態を想定する限り、対応として策源の無力化を行う必要があり、そのためには「海外で戦争できる国」でなければならないのである。簡単に言えば、敵が発進してくる基地を叩く能力がなければ国は守れないということである。
この前提に立てば、政党は違っても政策は自ずと一定の枠内に収まるはずである。そしてそれが政権与党の責任というものでもある。前原氏の政策が民主党の政策となるのであれば、政権与党の選択肢として「民主党」が増えると考えていいだろう。

もっとも、前途は多難なようである。
せっかく新代表が決まって新しいスタートをアピールする機会なのに報道などでは党内が一枚岩でないことばかりが伝えられている。中でも小沢一郎氏などは「政権取るのに年が若くなりゃ選挙に勝てるのかっていう問題も一つある」と代表選前から足を引っ張り、前原氏に決まった際にも「決まったもんは仕方ない」みたいな発言に終始していた。まあ、小沢氏が大物と言われながらいまいちパッとしないのは、この「文句は言うけど自分では動かない」ヘタレぶりに原因があるのだろう。今のご時世、リスクを負って挑戦する姿勢のない政治家は支持されない。

なんにせよ、前原氏は43歳。政治家としては若手の部類かもしれんが、社会人としてはもうええ歳こいたオッサンである。「若手だから不安」というのは失礼というものだろう。次の選挙までにあまり多くない時間の中、どれだけやれるか見せてもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

のまタコを応援してみる

(2005.09.15追記・修正 9-09.19さらに追記・修正)

エイベックスというレコード会社がある。
例の「まいやひ~♪」に2ちゃんの空耳FLASHをひっつけて発売してバカウケしたわけだが、よせばいいのにAAキャラを自分とこのオリジナルキャラ「のまネコ」だと主張し始めたらしい。

5分で解る「のまネコ」問題
画像貼るのマンドクセので飛んでくれ。(9/15)今日見たらサイト潰れてた。圧力?
(9/19)別の場所で復活した模様。あと、潰れてないまとめサイトも紹介しておく。

エイベックス著作権違反疑惑「のまネコ問題」のまとめ

エイベックスの見解。

■のまネコ著作権について
当社製品に使用されているキャラクター「のまネコ」は、「のまネコ」の著作権を管理する有限会社ゼンと商品化契約を締結した上で使用しております。
「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、当社と有限会社ゼンが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

つまり、AAが元ネタのキャラ「のまネコ」の権利があるけど、一般のAAの使用は「見逃してやる」 という態度なわけだ。余計なこと言わなきゃいいのにねw
私は「のまネコ」が「モナー」かどうかは別にどうでもいい。
が、エイベックスという会社の姿勢(アニメやゲームの内容とはまったく関係ない曲をタイアップで売り込んだり、テレビで見たのが気に入ってアルバムを買ってみたらCCCDでテレビより音が悪かったり)は、文化の担い手として失格だと思うし、商道徳をわきまえないダメな会社だと思う。今回の騒動もエイベックスの社風のなせる業だと言わざるを得ない。
とはいえ、これだけなら「なんだよエイベックス、音楽だけじゃなくてキャラまでパクリかよw」というだけの話なのだが、なんつーか今回は相手が悪かった。エイベックスが「のまネコ」は「モナー」などにインスパイされて映像化したキャラ、と説明したので、同じように浜崎あゆみのロゴにインスパイされたキャラ「のまタコ」が登場したのである。

のまタコ
image_10_123135

※のまタコ著作権について※
2chで使用されているキャラクター「のまタコ」は、2chのVIP板で生まれました。
「のまタコ」は、AVEXの「浜崎あゆみロゴ」等のAというアルファベットにインスパイアされてキャラクター化され、VIPPERが今回の風刺にあたって新たなオリジナリティーを加えてキャラクター化したものですが、
AVEX様において「浜崎あゆみロゴ」等の、Aを用いたロゴマークを使用されることを何ら制限するものではございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

だとさ。
他人の揚げ足取らせたら2ちゃんねらは天下一品だなw

のまタコ、反撃の仕方が非常にクールで気に入ったよ。応援する。

(9/19追記)当初の「エイベッ糞」という表記をなぜ「エイベックス」に戻したのかという質問があったが、これはふたつ理由がある。
1.検索にヒットしやすくするため
2.エイベックス所属アーティストの立場でありながら正論で自社を批判した木村貴志氏に代表されるエイベックスグループ内に相当数いると思われる良識派に敬意を表すため。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/09/07

巨人の星…野

阪神の星野オーナー付シニアディレクターが来期の巨人の監督になるとかならないとかで騒ぎになっている。
まあ、私は阪神ファンではあるが、星野監督になったら巨人-阪神は恐らく史上最高に盛り上がると思うのでむしろ歓迎である。
ただ、ひとつ言いたいのは、今その星野氏が監督を務めた中日と阪神が僅差で熱い優勝争いを繰り広げているこの時期に、新聞辞令で来期の人事をやいのやいのと騒ぎ立てるこの感性こそがプロ野球をダメにしている、ひいては日本にスポーツジャーナリズムが育たない原因のひとつだということである。
目の前の試合をほったらかして騒いでいるということは、試合よりも星野氏の去就の方が価値があるとマスコミが判断しているということである。つまりマスコミが試合の商品価値を下げているわけで、本来であれば「球場に客が来ない」とお嘆きのオリックス・宮内オーナーあたりが激怒していて然るべきだ。プロ野球チームにとって公式戦以上に大事なことなどあってはならないのだから。

野球のマスコミは基本的には球団と協力関係にある。今回のことも、マスコミに対してあれだけ厳しかった星野氏が文句を言っていないところをみると、星野氏や巨人の指示とはいわないまでも、事前に記事にするという話が伝わって黙認していることは間違いないだろう。

まあ、それはそれで新聞社もビジネス。致し方ない部分もあるだろう。

ただしビジネスには道義的責任というものがある。
新聞辞令で「試合より価値のあるもの」を提示することを黙認した各球団は、その価値の下がった試合については入場料を下げるべきだ。もちろんその穴埋めは新聞辞令の発信元である星野氏ないし巨人球団が行うべきである。
正直言ってプロ野球はもうだめかもなぁと思った。
優勝争いをしているチームのフロントの人間の来年の去就の話が、よりにもよりって優勝争いの最中に選手より大きな話題になるようでは業界のお先は真っ暗である。
これはたとえて言うなら、衆院選のまっただ中に「民主党の職員が選挙が終わったら自民党に転職するかどうか」ということを連日1面トップで報じているのと同じことであり、ふざけるのもたいがいにしろと言いたい。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005/09/05

俺たちの絆

魔法戦隊マジレンジャー 【Stage27】 俺たちの絆 ~マジーネ・マジーネ~

えー、しばらく感想サボってましたが、スターウォーズ・ギャラクシーズとアストロ球団に夢中だっただけです(笑)

・冥獣人四底王とやらが登場。合体してメイジュウダーとかにならないことを祈る。
・「でもまさかあの冥府三大大戦のひとつといわれる『暗黒谷の決戦』で熾烈に戦った…」「封印はされちゃったけど、あのブレイジェルをギリギリまで追い込んだっていう…」「冥獣人四底王!?」
いくらなんでも「台詞」じゃなくて「説明」だろこれはw このナイとメアの話が事実だとすると、四底王は4対1でもブレイジェルに負けちゃったわけで、たいしたことないんとちゃうかと。
・「決戦の時は近いぞ、五色の魔法使い」
ウルザードは最近あからさまにマジレンジャーの味方である。ジェダイの帰還は近いなw
・9月4日は串の日。
・マンドラの頭は元通り。虫食いの方が面白かったのに。
・冥獣人は刀で絆を断ち切るという荒技を披露。なんだこの荒川テイストな展開はと思ってビデオ戻して確認したらホントに脚本荒川でやんの。やだねぇ、確認しちゃう自分がw
・「グリーンさん」「小津薪人氏」「あの人」「小津薪人さん」…「グリーンさん」の魁に座布団一枚。
・ニートのくせに引っ越し代はある翼。そんなことでは兄弟の絆は冥獣人に切られなくてもいずれ切れるぞ。
・河原に4人を呼び出して絆を復活させようとするアニキ。熱いぜ。でもな。
・「俺たちが素人なのにインフェルシアと戦えたのも、兄弟だからだろ」いあ、素人つってもあんたら天空聖者の子供やし。
・冥獣人シチジューローの本体は刀で、出にした者の体を乗っ取ってしまうのだとか。アニキものの見事に乗っ取られ鎧武者に変身。ヤベェ、マジグリーンよりカッコイイw
・新しい魔法は「ダメになったものをいい状態にする」魔法。リライブ光線?
・五人の絆も元に戻りめでたしめでたし

…って、麗の車のローンは残ったままのような気が。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »