« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/27

衆院選のメモ

今回も選挙の前に各政党がどんなことを主張しているのかを簡単におさらいしてみたい。
闇雲に「地元のセンセイ」に投票するだけが選挙じゃないしね。

ちなみに、私が今後日本の方向性として望ましいと思っているのはだいたい次のような方向性。
1.中国よりアメリカを、アジアより環太平洋を重視する外交姿勢。
2.シビリアン・コントロールと軍法によって統制される正規軍の創設と集団自衛権の行使容認
3.ジェンダーフリー思想の撲滅
4.増税はやむを得ないが、なんでこんなことになったのか責任を明確にする

自由民主党
とりあえず現行案での郵政民営化にはいろいろと疑問があることは以前の記事で指摘した。
政権公約として「120の約束」を掲げているが、「目指す」「推進する」「見直す」といいつつ具体的でないものも多い。民主党が「抽象的で何が言いたいのかさっぱりわからない」と批判しているがそれについては同感である。
また、小泉改革の成果として

一時7千円台だった株価も1万2千円台をうかがう勢いです。

などと脳天気に書いてあるが、小泉さんが首相になった時の株価は1万4千円台だったのだということは忘れているに違いないw


民主党
今回一番問題なのがこの民主党である。勢力が大きいだけに実現しちゃったら困る公約が実現しかねない。

平和で豊かな東アジア共同体を構築します。

ムリだろw ヨーロッパ共同体がまがりなりにも形になったのでなんとなく東アジア共同体もいけそうだという空気になってきているが、EUは民主主義、資本主義、キリスト教という共通のバックボーンのある国々が中心になっていたからこそ可能だったのであり(それでも何十年もかかってようやく、だったのだ)、アジアで上手くいく可能性は、中国が現状のままではゼロと言ってもいい。環太平洋国家こそ日本の採るべき道である。
信頼と対等のパートナーシップに基づき、日米関係を進化させます。

現在の日米同盟が対等のパートナーシップでないことは事実だ。安保条約により、アメリカは日本を守る義務があるが、日本にアメリカを守る義務はないからだ。これを対等にするということは、アメリカがどこかの国に攻撃されたらそれは日本に対する攻撃とみなして一緒に戦争すると言うことだ。(まあ、私はそれでいいと思うが)
それなのに、
本年12月までにイラクから自衛隊を撤退させ、日本にふさわしいイラク復興支援に取り組みます 。

と、アメリカと距離を置きたいようでもあり、どうしたいのかよくわからない。まあ、岡田代表の日ごろの主張からすればアメリカと一緒に戦争する気はまるっきりなさそうだが。
ちなみに、民主党は沖縄の基地移転にも触れているが、中国が今のままの体制である限り現実的ではない。不幸にも沖縄は日本列島、朝鮮半島、台湾、フィリピンのちょうど真ん中あたりに位置しており、わが国および近隣諸国の安全保障にとって沖縄に軍事拠点を置く置かないが致命的に重要な要素になっている。沖縄に軍事施設を置かなくてよくなる日は、中国が「西側」にならない限りやってこない。

ただ、評価できる部分もある。刑法を改正して終身刑を設けるというのはぜひ実現させてほしい。

「新党日本」と「国民新党」は郵政民営化以外で上の2政党と異なる主張があるとも思えない(もしあっても選挙用にあわてて打ち出したものであることは明白だ)ので省略。

で、あとの政党は政策で支持者が増減するような政党ではないので触れなくてもいいだろうとも思うのだが、ま、簡単に。

公明党

国連の機能を生かしつつ、アジア外交により力を注いでいくことが極めて重要です。日本がアジア近隣諸国から信頼されるために「新たな平和・人道外交」を推進すべきです。

「アジア近隣諸国」ねぇ…
夫婦の姓(氏)について、同姓または別姓の選択を認める選択的夫婦別姓制度の導入を実現します。

そんなに「家族」になるのがイヤなら結婚せんでもええがな。
永住外国人の地方選挙権の付与を実現します。

私は外国人への参政権付与には憲法の改正が必要だと思う。まあそれ以前にそんなもの認める必要はないという立場だが。

社民党
ここはマニフェストがpdfファイルでコピペがめんどくさいので引用は省略。
・選択的夫婦別姓の導入
・ミサイル防衛システムの導入に反対
・イラクからの自衛隊即時撤退
・米軍基地のない日本の実現

あたりが「おいおい」なところ。ちなみに、社民党によればイージス艦は攻撃的装備なんだそうな。なんで?

共産党

しかし、「戦力不保持」と「交戦権否認」という規定が「歯止め」になって、「海外での武力行使はできない」という建前までは崩せませんでした。9条2項を改変し、「自衛軍」を明記することは、この「歯止め」をとり払い、日本を「海外で戦争をする国」に変質させることになります。

ここが日本の国防の一番の問題であることは確かだ。「海外での武力行使が出来ない」ということは、どこかの国に攻撃された場合に策源の無力化を行えないということであり、向こうのペースで延々と不毛な消耗戦を続けていたずらに被害を増やすということに他ならない。「こっちから戦争を仕掛けない」ということと「海外で武力行使をしない」ということは全く意味が違う。まあ、おそらく意図的にごっちゃにしているのだと思うが。意図的でなければもう少し軍事を真剣に考えたほうがいい。
国家による教育統制、憲法が保障する「思想・良心の自由」を侵す「君が代」・「日の丸」の押しつけに反対します。

なら国旗と国歌は何を使うのか代わりの案を出さないと話にならんよな。
どの国であれ独立と主権を尊重します。

まず我が国の独立と主権を尊重してくれ。竹島問題には一言も触れてないし、独立国・日本の主権に対する明白な侵害である拉致問題も「双方が拉致問題の解決に必要な努力をつくすこと」って、まるでこちらにも非があるような言い方ではないか。

共産党は「憲法まもりぬく」という方針を打ち出しているが、党の綱領で「天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである。」と改憲を匂わせるようなことも主張しているのでどこまで真に受けて良いものやら。

もちろん、自分と100%同じ政策という政党などあるはずもない。特に「東アジア共同体」構想については程度の差こそあれ全ての政党が前向きであり、否定的な私としては票の持って行きどころがないのだが、それでもまあなんだかんだいっても自民党が一番私の立場に近いかなぁという気はする。ただなぁ、うちの選挙区の自民党の候補って世襲のボンボンで頼りない(実際に前回は選挙区で落選して比例で復活した)からあんまり入れたくないのよなぁ。自民党さん、うちの選挙区にも頼りになる「刺客」を送ってえな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/26

暴力は不祥事よ、そりゃ。

夏の甲子園を制した駒大苫小牧が暴力事件で揺れている。
野球部長が生徒を殴打したのだとか。

まあ、私の世代の感覚だと運動部、しかも甲子園に行くような強豪の野球部で体罰が全くないなどとはにわかに信じがたい話であり、先生が生徒に手を挙げるのも当たり前という感覚があるのだが、最近はどうもそうではないらしい。
私などは別に運動部でもなかったが、先生に殴られたなんていちいち思い出すのも面倒なぐらい当たり前だった。一つ挙げれば、授業中に少年サンデーを読んでいるのを先生に見つかり、そのサンデーの背中で殴られてタンコブ作って家に帰ったら、親に「そのタンコブはどうした」と聞かれてこれこれこうでと説明すると、「何しに学校行っとるんじゃ!」ともう一度親に殴られてそら痛かった。深く反省して今度から絶対見つからないようにしようと固く心に誓ったものである。今にして思うと反省の仕方が間違っているが、まあそんなもんだ子供なんてw

駒大苫小牧の不祥事は確かに不祥事には違いなかろう。
生徒に手を挙げるのを積極的に推奨する気は私にもない。
ただまあ、エネルギーの有り余っている高校生の中でも運動部は特に元気な連中の集まりである。
そら手を挙げずに統率するのはムリってもんではないかと思う。

高野連は野球をやってる高校生はみんな品行方正で爽やかということにしたいようだが、そんなこたぁないってことは高校生の時分に誰もが知ってることで、野球部であろうとなかろうと、喧嘩もするし女の子の尻は追いかけるし、要するにみんな思春期の高校生なんだってことは知っているわけで。
いいかげん老人の幻想から高校生を解放してやってもいいのではないかと思う。

どういうわけだか子供を「子ども」と書く人によく見られる主張だが、子供に大人と同じような権利を認めろとか、個性を重視しろとか、詰め込み教育は良くないとか、これはみんな子供を一人前と認めなければ出てこない理屈である。「一人前と認めている」と言えば聞こえはいいが、裏を返せば大人が子供に教えることを放棄するということであり、要するに大人が楽なんだな、この方向性は。
大人が楽したらそれを見てる子供も本気では取らんさ、そりゃ

時には手を挙げてでもしっかり教育する。(殴り慣れてないからたまに殴ると度が過ぎて怪我させるのである)
学校では型にハメる、詰め込む。それでも潰れずに現れるのが本当の個性ってもんである。
型にハメて詰め込んだら潰れるような個性なら、あっても後で本人が困るだけだろう。

どっちが本当に子供のためか、そろそろ考え直してもいいんじゃないかと思ったり。
ま、そんなこといいつつ私まだ独身で子供いないんだけどね~w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

やっちまった・・・

響鬼の録画セットすんの忘れてた~(^^;
これだから関西は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

選挙のマスコットは「センキョン」

いや、ホントなんだってw 
(今回の衆院選ではなくて大阪市議会選挙のマスコットだけれども)
市役所マジで終わっとるな。センス的に。

それはともかく。

ホリエモンが衆院選に出馬して亀井静香と対決するのだとか。
ええなぁ。ホリエモン楽しいやろなぁ。まさにお金持ちのお大尽遊びって感じで率直に言ってうらやましい。
国会議員に立候補するためにはまず選挙管理委員会に「供託金」というお金を600万円支払わないといけない(但し一定以上の得票率があれば返してもらえる)ので、政党が出してくれるならともかく無所属で立候補となるとそれなりに財力のある人でないと立候補できない。まさにお大尽遊びなのだ。
聞けば広島での立候補は本人の希望だとか。もうね、ホリエモンは落ちる気マンマンやないかとw
「亀井さんじゃあ相手が悪かったね」と落選してもさして怒られないというところまで見越して、「選挙というイベントで遊んだれ」という感じだろうね。くうぅ、楽しそうやな。

ここ最近の選挙というのは投票率を見ればわかるとおり、2人に1人ぐらいしか投票に行っていない。
この投票に行かない人のうちの2人に1人が行くようになれば、つまり全体の4人に3人が投票に行くようになれば、政界の勢力図は大きく変わると思うのだが。どいつもこいつもあかんやないか、というのはわからんではないが、とりあえず投票には行こう。支持する政党や候補者がなければ何も書かずに投票すればいい。白票は無効とはいえ、それも立派な意思表示だ。
とはいえ、うちの選挙区みたいにせっかく世襲のボンボン候補を落選させても比例でノコノコ復活されたりしたら、そら投票する気もなくなるわなぁ。選挙で民意を反映したとうそぶきたいなら、選挙区と比例区の重複立候補は禁止せえよ。

さて、今回の争点は一応郵政民営化ということになっているが、実のところ私も含めて私の周囲では総論賛成・各論反対という意見が圧倒的に多い。つまり民営化はいいとして、今の案じゃしてもあんまり意味ないやんけ、という意見である。小泉さんの郵政民営化は私怨でやっているという話も聞くし、目的のために手段を選んでいないうちに手段が目的になってる感もある。
郵政以外の部分の国の根幹の政策という部分を考えれば、結局自民党が一番無難ということになるのだけれども、それで現在の郵政民営化に諸手を挙げて賛成だと思われても困るのよなぁ。
ま、単に名前書いて投票するだけと言っても、なかなか難しいものである。

この記事は週刊!木村剛への投稿です

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/08/19

戦後60年

毎年8月15日になると終戦の日ということで戦後○○年という話になる。今年は戦後60年。

日本武道館で戦没者の追悼式典が行われ、テレビでも中継されていたが、なんでその足で目と鼻の先にある靖国神社にみんなで行ってお参りするぐらいのことができんのか実に不思議である。

で、考えてみたんだが、多分こういうことだろう。

武道館と靖国神社の関係というのは、鶴見青果市場とジャスコの関係なのだ(笑)
ああそうか、それでジャスコのボンボン・岡田民主党代表は「近所迷惑だと苦情が出ているから靖国参拝をやめろ」と言っているわけだな。要するに国プロはジャスコに入るなと。
おおー、無駄に深いw

しかし、このネタで笑える人って2人ぐらいしかいなさそうだな…

ちなみに、靖国神社は結構御利益がある。
追突事故の常習犯だった私が交通安全のお守りを靖国神社のものに変えて以来まったく無事故。少なくとも交通安全に関しては成田山より上である。いや、だからどうしたと言われても困るが。

某所で私が「靖国問題についてはいずれ書きます」と発言したのを見た覚えのある方、もちろん「いずれ書きます」と言ったのはこのエントリのことではありませんからね。念のため。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/16

あ~夏休み

盆休みということで所用のため帰省。
実家のある松山市に着くとポスターが目に入った。なんでも夏祭りのイベントで茨城ゴールデンゴールズ(欽ちゃん球団)が地元のクラブチームと試合をするのだとか。いや、これは行くしかないっしょ。
実家に荷物を置き野球を見に行くと言うと、どうやら野球好きの父親も見に行く気だったようで、実に23年ぶりぐらいに親子での野球観戦と相成った。
試合の方は夏祭りのイベントということもあって、欽ちゃんはマイク持って試合中にベラベラ喋るし、ゴールデンゴールズのオーダー見たら極楽とんぼ・山本の名前があるしで完全に営業モード。対戦相手の地元のクラブチームの方も顧問の市長が代打で登場するなどお祭りムード。
試合展開も適度に点が入り7-6で地元チームの勝ちで客席も盛り上がっていた。
ひとつ感心したのは、欽ちゃん球団、「チェンジになったらダッシュ」が全選手に徹底されていること。確かに「見てて面白い野球」の第一歩はまずそこである。今後もこれは続けて欲しい。

翌日は「所用」。
親戚の家で仏壇に合掌。ご先祖様、不肖の子孫ではありますが、なんとか息災に暮らしております。

昔はちょいとヤンチャな感じで、鶴光のオールナイトニッポンを教えてくれたりした従兄弟の兄ちゃんがすっかりマイホームパパになっているのを見て時の流れというものを感じたり。ふるさとは遠くにありて想うもの、というのは感傷に流されないための知恵なのかもしれない。

その夜は、秋に妹が結婚するので、お相手の方との顔合わせを兼ねた食事。ただまあ、その義弟(予定)、うちの両親とはすっかり仲良くなっているようで、事前に両親から「お前と違って真面目な子やから、余計なことを言って面倒かけるなよ」とわけのわからん釘を刺される始末。あのぅ、父上、母上、こう見えても息子はもう10年以上社会人やっとります。それくらいは信用せいw
まあ確かに、真面目そうな人でおっとりしたうちの妹とはお似合いではないかと。普通に挨拶と世間話をしてつつがなく終了。まあそりゃそうだよな。私の立場で何かコメントとかあるわけないじゃないかw

てなわけで珍しくバタバタとした帰省であった。
やだねぇいろいろ面倒くさくて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/11

郵政民営化は何の役に立つのか?

衆議院が解散され選挙と相成った。
争点は郵政民営化の是非らしいが、どうもね。

前回の選挙の経費 753億円(総務省では今回も同程度の経費を見込んでいるとのこと)

国家公務員をリストラして753億円浮かせようと思ったら結構な人数クビにしなきゃいかんのではないだろうか。
そもそも、郵政公社の職員は国家公務員なのかどうか。(いなばさんによれば違うとのこと)

今回の民営化という奴はどうもいろいろとうさんくさい。小泉総理の説明を引用しつつ、疑問を呈してみる。

郵政民営化に対して、身近にある郵便局がなくなってしまうのではないかという心配の声をいただきます。かつて国鉄や電々公社が民営化されて、鉄道や電話がなくなったでしょうか。そんなことはありません。

電電公社はともかく、国鉄の方は民営化されてからと言うもの不採算路線はバッサバッサと切り捨てて廃止もしくは3セク化していると思うのだが。

郵便、郵貯、簡保は、果たして公務員でなくてはできない事業でしょうか。郵貯は銀行が、簡保は保険会社が同じようなサービスを提供しています。

簡保のいいところは「誰でも入れる」ところである。私の知る限り、保険料さえ払えば誰でも入れるタイプの保険としては簡保より条件のいい保険はないと思う。私のように肥満で高血圧でヘビースモーカーだと民間の保険は屁のような保障の掛け捨て保険しか入れてくれないんだなこれがw
民営化してもホントに簡保レベルの敷居が低く手厚い保障の保険が維持し続けられるのか。可能なら民間の会社がもうやってると思うんだが。「これまでの貯金・保険の契約はこれまで通りの取り扱い」とも書いてあるが、これは要するに民営化後に契約する貯金や保険は今まで通りではムリだってことだよね。

郵政公社には40万人の公務員がいます。郵政民営化が実現すれば、国家公務員全体の約3割をも占める郵政職員が民間人になります。

これも前述の通り、郵政公社になった時点で職員は国家公務員でなくなっていて、給料も税金ではなく公社の経費で払っているというんだから、改めて民間企業にする意味はないよね。

郵政公社は、これまで法人税も法人事業税も固定資産税も支払っていませんが、民営化され税金を払うようになれば国や地方の財政に貢献するようになります。

日本中央競馬会も税金は払ってないが、国庫納付金という形で収益を国庫に入れている。特殊法人が「支払っていない」のではなく国が「取っていない」のであって、公社だろうと国の機関だろうと取る必要があるなら取ればいいのである。

てなわけで、小泉さんの説明ではなぜ民営化なのか(=なぜ公社ではダメなのか)というのがサッパリわからない。「民間で出来ることは民間で」というが、簡保は民間でできるのか疑問である。まあ、「かんぽの宿」とかは民間でやらせた方がいいと思うがw

ああ、民営化したら窓口の人が「いらっしゃいませ」ぐらいは言うようになるかも。それはでかいな(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/08/10

別館開設のお知らせ

周辺領域・別館という新しいブログを立ち上げました。
内容は私がハマっているオンラインRPG、「スターウォーズ・ギャラクシーズ」というゲームのプレイ日記です。

俺もやってるよ!という方、いたら是非連絡下さいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

禁断の魔法

魔法戦隊マジレンジャー 【Stage23】 禁断の魔法 ~ロージ・マネージ・マジ・ママルジ~

・今日の魔法特訓は「魔法でピアノを弾く」 曲を知らなきゃムリだろそれは(^^;
・「リバースの魔法」という時間を巻き戻す魔法があるらしい。唯一使うことを許された(誰に??)クロノジェルは自らの魂を封印し魔法に呪いをかけたという。やっぱ天空聖者はやることがえげつない。
・翼がボクシングジムでかわいがっている幸太少年を訪ねるが幸太少年は抜け殻のような前後不覚状態。
・冥獣人インキュバス・ベルビレジの仕業らしいが、ヒカルによればインキュバスは悪夢を見せるだけで魂を抜き取るような能力はないとのこと。
・ウルザード、インフェルシアに帰還。インフェルシアもよく見たら天空聖者だらけやなw
・インキュバスの被害は700人以上に及んでいるという。どうやって魂を切り離したのか解明しなければならないというヒカルに、リバースの魔法で時間を戻して見ればいいという翼。禁断の魔法だっつってんのにこいつは。
・ウルザードに呼ばれて戦いに赴くマジシャイン。師弟対決、だよねこれ。
・幸太少年を救うため結局リバースの魔法を使う翼。人それを蛮勇と言う。
・しかしその禁断の魔法のおかげで魂を抜き取ったのはインキュバスではなく冥獣スパイダーだったことが判明。
・錬成魔法で魂を1個のボールに変える魁。名付けて魂塊(たましいかたまりw)。ウルトラの人に売ったら高く売れるぞ。ウルトラさんは「私は命を700個持ってきた」とか言って交通事故の後処理に使うから需要はあるのよw
・巨大化したスパイダーをマジキングで倒そうとするが、翼に禁断の魔法を使った反動が現れマジキングは空中分解。敵には逃げられるわ魂塊は取られるわと最悪な結果に。
・「なんなんだこれは」ってそりゃ禁断の呪文の呪いに決まってるでしょ。
・苦しむ翼の胸をはだけるとブラックホール?が。なんかゲームセンターあらしの敵でこんな奴いなかったっけ?

前後編で次回に続く。

ちなみに、響鬼・プリキュアは関西特有の高校野球中継でお休み。
毎年のこととはいえ…

響鬼の放送予定
二十六之巻 8月14日(日)8:00~
二十七之巻 8月21日(日)8:00~
二十八之巻 8月24日(水)10:30~

プリキュアの放送予定
24話 8月14日(日)8:30~
25話 8月21日(日)8:30~
26話 8月23日(火)10:00~

※放送スケジュールは合っているとは思いますが念のため雑誌・ホームページなどで確認してください。もし間違っていても責任とれませんので(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走る紺碧

仮面ライダー響鬼 二十五之巻 走る紺碧

・ヒビキはイブキ、香須実と水泳で特訓。細川茂樹はホントに水泳やってたらしく、フォームは綺麗。
・「北島康介選手に頭一つって感じですかね」「北京には間に合うな」これナイスw
・「いつも水泳で鍛えているイブキ」 だからイブキは細いままなんだよ。ウェートやれウェート!
・明日夢、モッチー、トドロキ、日菜佳、明日夢母は市民プールへ。
・市民プールで飛び込むトドロキ。元警察官なんだから市民生活の常識はわきまえておこう。

あきらはたちばなで留守番。水着祭り、終了orz

・裁鬼さん登場するもまたまたやられるの巻。ザンキさんが引退してからというものやられ役を一手に引き受けている感あり。全日に出たときの安生みたいだなw
・相手が河童と聞いてごっついバイクで一人で出動するヒビキ。アンタこないだモトクロスの練習してたけどこの手のバイク乗るんだったら違う練習した方がよかったんでないの?w
・あきらの父も猛士で現場に出る役割だったらしい。以前の「あんたたちみたいな人殺し、絶対許さない!」と併せて考えるとどうも父親(もしくは両親)を魔化魍に殺されたのではないかと思われ。裁鬼さん、子供が悲しむから死ぬ前に引退しようや。
・トドロキはデリカシーのなさ全開。「おいひとみ、何赤くなってんだ。熱でもあんのか」 口の中に物入れたまま喋るなトドロキ。話はそれからだw
津村努(つむらつとむ)登場。名前からすると鬼の人だが、どうも途中で修行が止まってるっぽい。今後どうかかわって来るのか楽しみな新キャラである。
・響鬼は河童とバトル
・「見つけたぞぉ」「どうした?ん?」「どうしたお前」「調子にのりやがって」 まるでカタギをいたぶるチンピラであるw
・今回はバイクを止められて「できた…よし!」あ~あ、とうとう仮面ライダーになっちゃったよ。
・河童の吐き出す粘液は水中では重くなるらしい。しかも空気に触れると固まり、それを剥がすとガスが出るようだ。確かに厄介な攻撃だな。
・「カッコ悪いイブキさんはイブキさんらしくないと思うんで」 そうかなぁ。香須実といる時の「決められないイブキ」はカッコ悪いけどイブキらしいぞw
・カッパのガスを吸うと声が甲高く変わるらしい。あのなぁ、あんなごっついバイク買う金があるんだったら防ガスマスクぐらい買って来いよwホームセンターで売ってるようなのでも結構効果あるよ。

今週も登場した響鬼紅。「夏場になると黒い肌が赤くなる」というのは、単に肌を
焼きすぎなだけなんじゃないかと思うのだが…
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都でデート?

魔法戦隊マジレンジャー 【Stage22】 京都でデート? ~ルーマ・ゴルド~

・突然何の脈絡もなく「京都行きましょう京都」とヒカルを拉致る芳香。まーそりゃ「太秦ロケはここ数年の年中行事」などとも言えないし、唐突になるのは仕方ないよなw
・トラベリオンは不愉快だと吐き捨てるメーミィ。私も同感である。だって最近の戦隊ロボとしては珍しく玩具の出来が悪いんだもの<トラベリオン
・冥獣人、忍者キリカゲ参上。「忍者」はモンスターなんかいな。もしかしてインフェルシアはウィザードリィ系?
・ヒカルが芳香の記憶を読み取るため魔法を使って額をくっつけたところを水晶玉で目撃した麗は「キスしてる~!?」とブチ切れ。麗にうかつに「扁平足」とか言ったら大激怒されてひどい目に遭わされそうだ。
・機関車を見て喜ぶヒカル。鉄道オタクかい。去年も6人目は「テツ」だったしなぁ(違)
・ヒカルを発見した麗、怒りの跳び蹴り。見えそで見えないカメラアングルは神としか言いようがない。
・その隙にキリカゲは芳香を拉致。ここ大事。拉致っただけだからね。
・芳香は母の想いを引き継いで家族のためにお参りに来たらしい。去年一緒にお参りした麗ぐらいには相談しとけ。
・ヒカルは殿様、他の4人は忍者(しかも赤影)スタイル。
・「なんでこんな格好に?」「メーミィのふざけた演出だ」・・・・魔法って便利だよなぁ。
・ついでに変身もできない模様。魔法って(以下略)
・巨大ガマや大凧(しかもサイレンつき)は懐かしいね。しかし子供置いてけぼりだな今回w
・キリカゲのでんでんが変身を封じていたらしい。
・巨大化したキリカゲにマジシャインinトラベリオン、「その方の犯せし悪行の数々許し難し」とのことでデストラクションファイヤーで火あぶりに。拉致った罰が火刑っすかマジっすか。やっぱマジシャイン、というか天空聖者ってやることがえげつないなぁ。

これはあれだよ、トムとジェリーみたいなもので、片方は相手を捕まえようと思ってやっているけどもう片方は相手を殺そうと思ってやっているので、実際の能力以上に勝敗に差が出るというパターンだね。天空聖者の強さの秘密はその「えげつなさ」にあると確信したね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

覆水盆に…返してもいいんでない?

「そりゃ残念だけど、こればっかりは本人が決めることだからねぇ」(立花勢地郎)

関わってしまった人々は多生の縁とでも言うべき人々なのだが、正直言って私が最も疎い(まあ、意識的に敬遠してるという方が正しいのだが)分野でのできごとなので、なんともコメントのしようがない。

まあ、外野のつぶやきとしては。
「大丈夫。戻って来たらまた楽しくやれるって。」
ってぐらいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/01

亡国のイージス

※ネタバレあり


映画「亡国のイージス」を見てきた。
普段小説を読まない私が珍しく原作の小説を読んでいて、なかなか面白かったので映画も楽しみにして見に行ったのだが、今回はそれがかえって裏目に出た格好だった。
というのも、小説と映画で特に後半かなり異なっている部分があり、これは賛否両論あるのではないかと思うのだが、私は物足りなく感じた。
単に「真田広之のアクション映画」と思って見ればそれなりに楽しめる作品だと思う。だが原作の小説の魅力だった部分~ぶっちゃけていうと「作者の人の悪さ」(笑)~がことごとくマイルドに味付けし直されており、インドカレーを食べに行ったら洋食屋カレーだった、ぐらいの違和感がぬぐいきれない。

中井貴一が演じた北朝鮮の工作員は原作では自らの夢を託した計画が実はそれすらも茶番であったことを知り絶望して死ぬのだが、映画ではそれが改編されていて単に任務に失敗して死ぬだけなので「茶番に踊る平和ボケ日本」というのがぼやけてしまっている。
ラストも原作の最終章がまるごとカットされており、ということはつまりそれとリンクする「行」の章もほぼカットになっている。
つまり最初と最後で護衛艦に手を振るシーンがどっちもない。私はこの始まり方と終わり方がかなり気に入っていたのでかなり残念だった。これはまったく別の作品と思った方がいいのかもしれない。

まあそれ以前に小説読んだ時の私のイメージでは仙石は真田広之じゃないんだよなあ。まあこれは人それぞれだろうから言っても仕方ないんだけどw

あと、映画の中では「あの国」「あんたの国」「例の国」というばっかりで一度も「北朝鮮」って言わなかったんだけどなんか言ったらマズい大人の事情でもあったのかねぇ。これじゃあ「亡国のイージス」というより「某国のイージス」だよw

まあ期待してただけに残念。アニメで2クールぐらいかけてやろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »