« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

最近のお気に入り

宇宙のステルヴィア

今頃になって何だが、まとめて録画したものを貸してもらったので「宇宙のステルヴィア」を一気にまとめて鑑賞。
放送時には深夜枠だったこともあって半分も見ていなかったのだが、改めて通しで見てみるといや面白いね~この作品。つまみ食いで「トップをねらえ!」の焼き直しみたいなもんかと思っていたけどなかなかどうして。
とりたてて真新しい要素はないものの、手堅くまとまっている。
最近はわけのわからん終わり方というか、ストーリーが終わらずに放送終了なんてアニメも多い中、終わり方も堂々たる大団円。私は実のところこういう直球勝負は大好きなのであるw

戦国BASARA
こちらはプレステ2のゲーム。
「戦国無双」系(操作や画面もほぼ同じ)ゲームなのだが、演出を徹底的にバカバカしい方向に振り切ることで楽しくプレイできる佳作に仕上がっている。登場武将の一部を紹介すると…
伊達政宗
 台詞の端々に英語が出てくる。部下も部下で「Sir、参りましょう!」とか英語かぶれ。
 片手に3本ずつ刀を持って両手で6本振り回す。アンビリーバボー。
真田幸村
 炎の熱血ファイター。知略を用いる場面はゲーム中一度もなしw
前田利家&まつ
 最強夫婦として有名なカップル。合戦中に合流して二人で見栄を切ると敵が
 「おのれ奴らめ、見せつけおって~」とわかるけどダメな悔しがり方をする。
猿飛佐助
 「ま、忍びのやることだからな。何でもアリだ」という身も蓋もない台詞とともに
 好き放題に忍術を出してくる。何でもアリだけどアリすぎw
本多忠勝
 通称「ホンダム」。他の武将が「推参」「参上」「出陣」などと現れる中、
 「起動」して現れる正体不明の最強武将。
とまあ、こんな具合にとことんバカっぽい方向に振り切っている。ゲーム自体は難しい攻略など一切考えずにサクサク敵を切り飛ばして行けばいいだけの実にシンプルなもの。とにかくプレイ中の楽しさを追求、というコンセプトが隅々までブレずに徹底されているのは好感が持てる。ま、その分飽きるのも早そうだけどね~(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/27

化ける繭/鍛える夏/燃える紅

響鬼の方もだいぶたまったので一気火勢の型で。

仮面ライダー響鬼 二十二之巻 化ける繭
・あきらが怪我。威吹鬼の「邪魔だ消えろ」も納得。
轟鬼→あきらは「あきらくん」。トミゾー、あきらが従姉妹のもっちーと同級生だということは知ってるのだろうか。
・ザンキさん→あきらはどーなんだろう。「あきら」とかだったら人間に呪殺されそうだなあきら。
・大先生相変わらずダウン。何の病気だよいったい(笑)
・ヒビキはお医者さんを背負ってダッシュ。現代の東京の情景とは思えんw
・ザンキさんは「ヒビキが来るまで待ってるつもりか」と叱咤。ま、おやっさんの指示は基本その線だけどな。
・DAで捜索の結果、今回の魔化魍は、♪ウブメのようでウブメでない(べんべん)、ヤマアラシのようでヤマアラシでない(べんべん)それは何かと尋ねたら…・なんなんだろうねアレ。名前はようわからん(笑)
・合体魔化魍には威吹鬼と轟鬼の音撃は通じず
・駆けつけたヒビキ「俺の出番だな」。微妙に人が悪いぞヒビキ。
・「互いの清めの音を、共鳴させるんだ」ラッパとギターと和太鼓で?ムリっしょw
・案の定三位一体の音撃はちょっと不協和音っぽい。ま、その方が効きそうではある。
・不協和音で合体魔化魍を撃破。
・「あれやんなくていいのか」とトドロキに促すヒビキ。必要ないというトドロキだが、実は音撃の時弾いてたよなw

仮面ライダー響鬼 二十三之巻 鍛える夏
・ヒビキは山ごもり。今回はトドロキ同伴。
・明日夢とモッチーはブラバンとチアとの合同練習。明日夢はホイッスル。もっと気持ち入れてやれと先輩に注意される。まーなかなか大変だよな。
・トドロキもヒビキに「リズムじゃないんだよ腰が引けてんだよ」と注意される。ヒビキはどうも長嶋式の指導法らしい。いわゆるひとつの「ガッと来てグッと来たらゴーン」というタイプ(笑)
・朝ご飯がやたら豪華。香須実曰く、「飯田さんとこの完璧な朝の和定食セット」なのだとか。
・一方和食好みのヒビキがいないせいか垢抜けた朝食の立花家。こちらも豪華。
・基本的にこの番組、食いモンが豪華である。
・トドロキ、迷惑がってたそぶりの割には弱音を吐くときは日菜佳に電話。アンタ明日夢と気が合うかもなw
・その日菜佳。すべて承知の上で「ガンバレ、トドロキー!!」アンタいい女だな。見直したぜ。
・今回の姫&童子はファンキー。夏だしなw
・ぐだくだ文句を言うトドロキだが、長嶋式指導法のヒビキがきちんと説明するわけもなし。
・トドロキはお手水でガバゴボガボ… ええい、罰当たりなヤツめw
・隣の村に魔化魍(夏のヤツ)出現。今年は例年より半月ほど早いんだとか。
・前にザンキさんが使ってたバチと太鼓をトドロキ用に持ってきてほしいと言うヒビキ。実戦で使わせようってんだからなんか大事な意味があるんだろうというぐらいは気付けトドロキ。ムリかw
・明日夢を尋ねてブラバンの部長さんご来訪。いい人だ。
・響鬼&轟鬼は姫&童子と対決。響鬼って極端に強いのね。
・魔化魍登場で次回に続く。

仮面ライダー響鬼 二十四の巻 燃える紅
・前回の続きで魔化魍(ドロタボウ)との対戦。
・やめろと言われるほどやりたくなるのが人間w轟鬼、響鬼が止めるのも聞かずに魔化魍に斬りつけると見事魔化魍は分裂。あ~あ。
・分裂した片割れは響鬼が爆裂強打で瞬殺。響鬼が強いのか魔化魍が弱いのかw
・威吹鬼組はイッタンモメンを粉砕。
・「落ち込むヤツは、成長するんだよ」 ヒビキさん、それは人によると思います(笑)
・ドロタボウは増殖。ヒビキは「一気に巻き返す」と特訓。
・「もしかしてトドロキさん、なんで俺が太鼓やんなきゃいけないんだって思ってません?」それはあれだな。要するにザンキさんの教育がなってないといいたいわけだな香須実w
・香須実からヒビキも昔は弦や管の練習もやらされたと聞いて「太鼓で頑張る」と決意したトドロキ。まー本来はこれはザンキさんの仕事だよなぁ。
・イブキ組合流。イブキもあきらに太鼓とかちゃんと教えてんのかねぇ。
・あきらは明日夢とブラバン&チアの応援を見に行く約束をしていたらしい。ヒビキぃ~、あきらが見に行けないように泊まりのお仕事にしてあげてくれ~(おい)
・名付けて「太鼓祭り」。ほうほう。
「おーい、俺たちも混ぜてくれよ」「だってお前鬼だろ」はちょっと笑った。
・太鼓祭り開幕。太鼓でドカドカ魔化魍を倒していく威吹鬼と轟鬼…って肝心の響鬼が一度も太鼓使ってへんやん!!そんなに玩具売りたくないんか制作サイドw
・響鬼は響鬼紅にパワーアップ。もちろんパワーアップ前ですら使わなかった太鼓を紅が使うはずもなく、バチで叩いただけで魔化魍は爆砕。どこがどう太鼓祭りなのかきっちり説明してくれやヒビキさんw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

ハッスル11

だいぶ日が過ぎてしまったが、去る15日には府立体育会館でハッスル11を観戦してきた。
私たちは別に橋本が亡くなったからというわけではなく、ハッスルの興行自体が大阪では初だったので当初から予定していたものだったのだが、さすがに当日は満員の客入りであった。

細かい試合は(単発のキャラもいるので)書き連ねても仕方ないので省略。
興行全体の評価として、非常に面白かった。段取りが悪くてマターリしちゃったハードコアマッチも一回りして面白かったしw

ハッスルのすごいところは川田や大谷や坂田でさえも面白いというところである。
ちょうど10年になるか、以前に川田が同じ府立体育会館で小橋とグダグダの試合をチンタラやっていたのと比べれば驚くべき変貌である。
この3人に共通していたのはそれなりに能力はあるのに「客の見たいもの」を感じ取るセンスがイマイチということだったのだが、ハッスルでは見事にエンターテイメントとして昇華していた。橋本が亡くなってみて考えてると、この3人、面白くなるきっかけは橋本との邂逅だったような気がしてならない。
川田はハッスルでハジケて、いやまさにハッスルして付け人の石狩太一とセットで面白くなった。
大谷と坂田はZERO-ONEに来てから面白くなった。新日時代の大谷なんて、自分を良く見せることしか考えてなかったから試合はハードでつまらないという最悪な感じだったのだが、今では興行の一要素として自分を活かす術を学んだように思える。
だいたい、小川直也をベビーのトップで使うというブッ飛んだ仕掛けも橋本の発想であった。
こう考えてみると、橋本真也の求心力というのはかなり大きかったのだなぁと改めて思う。

それから、高田モンスター軍のナンバー2、インリン様。
そこらのレスラーとは肝の据わり方が全然違う。もうオーラ出まくり。
マジレンジャーじゃないが、自分力では一番だった。今後もハッスルを見捨てないでね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

キスしてケロ/魔法特急で行こう

魔法戦隊マジレンジャー

先週はパソコン潰れて休んだので2週分まとめて。

【Stage20】キスしてケロ~ゴール・ゴル・ゴルディーロ~
・新しい玩具武器、マジランプバスター登場。これは売れそうw
・今回の怪人は「冥獣人」グレムリン。知能があるモンスターってことらしい。
・「しゃべるぞ、この冥獣」って、冥獣反応出まくるバンキュリアとかもしゃべりまっせ。
・麗にカエルが飛びつくシーンは残念ながら合成。まあカエルは思い通りに飛ばんわな。
・グレムリンの落書きを水で流す麗。水で消えるインクで屋外に落書きって、雨降ったらどうするつもりだったんだ。麗も麗でグレムリンに水をかけちゃダメだってのは常識だぞw
・グレムリンは握手のふりしてピコピコハンマー。最初に食らった魁は不意打ちだからある程度仕方ないとして、あとの4人はただ棒立ちで順にハンマーの餌食に。たるんどるとしか言いようがない。常在戦場の心構えを。
・麗とカエルのシーンになるとあとの皆さんはバックで戦闘。素晴らしきフィッツカラルドか君たちはw
・「ライジェルをミイラにしたもののカエルになる呪文を食らった」 サラッと言うてるけどアンタの方がかなりえげつないよwサンジェルさん復活しても全然平気だけどライジェルはミイラにされたダメージで体がまともに動かないんだから(笑)
・「正直言って君たちの攻撃には無駄が多いね」
チケット改札とかランプごしごしとかアンタも相当無駄が多いような気がするんだがwなんかベンツ乗ってる人が軽に乗ってる人に「トルク出てないね~」とか言ってるような理不尽さを感じる。
・マジランプバスターは「ルーマ・ゴー・ゴジカ」の呪文でスモーキーシャイニングアタックという必殺技を発動…って、これどう見てもシャンゼリオンだよなぁ。岡元次郎つながり??
・これから住み込み、と宣言するヒカルにひとりだけ嬉しそうな芳香。テツヤとはどーなったの!?


【Stage21】魔法特急で行こう~ゴー・ゴー・ゴルディーロ~
・ヒカル先生の魔法教室。アニキはどーもセンスが悪いらしい。
・オープニングがマジシャイン/トラベリオン入りに変更。
・訓練が上手くいかなかったのでアニキはブルー。暑苦しいのにナイーブという一番手に負えないキャラである。
トラベリオンエクスプレス登場。燃料はマジコークスという石炭状物質らしい。
・そのトラベリオンエクスプレスでたどり着いたのはマルデヨーナ界。原始人のコスプレで自分力を磨くのが課題なのだとか。にしても芳香はスタイルええのぅ。
・マジシャインの前にウルザード登場。しばらくフケていたのはブランケンの形見の剣を自分用に錬成していたためなのだとか。その割にはオープニングではメーミィもいるのに持ってる剣は前のままなんだが…
・「魔法使いの気配がしたので来てみれば、まさか天空聖者に会えるとはな」
先週は何も感じなかったのかこのオヤジは。ともあれ、ブレイジェルvsサンジェルの師弟対決も近そうですな。
・5日目にして麗はダウン。このピンチにアニキ復活。テキパキと仕切る。「センスがなくてもダサくても、俺は小津薪人だ、兄ちゃんだ~」マジグリーンだ、ではないところがミソw
・アニキは復活ついでにマンモスさえも気合いで一蹴。もはや本宮ひろ志の世界である。マンモスのうなじにマジチケットも発見してめでたく現実世界に帰還。
・「自分力なら薪人」とヒカル先生。でも磨かれたのは自分力ではなくてサバイバルのスキルのような気も…
・アニキの新呪文はマッチョにパワーアップする呪文。緑色なだけに超人ハルクみたい。でも、あの筋肉は戦うには向いてない「見せ筋肉」だよな(^^;
・トラベリオンエクスプレスは変形して魔法鉄人トラベリオンに。初登場なので当然激強。相手に何もさせずに瞬殺。トラベリオンの必殺技は敵を機関部に吸い込んで焼き殺すというもの。やっぱマジシャインはえげつないw
・江里子さん久々に登場するもヒカルにトキメキ。やっぱりアニキはこういうオチかw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/13

破壊王死す

なんとかハード的には復旧。とはいえ、ソフト的にはまだまだこれから(^^;
普段そんなに意識しないけど、結構日常生活におけるパソコンへの依存度って高いのだなぁと。

そんなわけでパソコンが潰れている間にスッカリ乗り遅れてしまったわけだが、破壊王・橋本真也の訃報という大ニュースがあった。正直、「驚いた」「早すぎる」「残念だ」と月並みな言葉しか出てこない。

練習中の事故とかではなく、病死ということだったし、いろいろと死に至る要因が取りざたされているようだが、そんなことはどうでもいいと思う。とにかく、橋本真也の試合を2度と見ることができないことは動かしようのない事実だ。

武藤・蝶野と3人で闘魂三銃士と言われたが、橋本はほかの二人がクール・スマートというイメージだったのに対してとことん泥臭かった。決してテクニックに溢れた巧い選手という訳ではなく、試合運びも愚直でどっちかと言えば下手な部類に入るのかもしれない。しかし、あれだけプロレスラーらしいプロレスラーもいなかった。
なんだか微妙に外したマイクに失笑したりしたこともあったけれども、それもプロレスのうちだったのだなあと今にしてしみじみ思う。楽しかったよ、橋本真也のプロレスは。

最近は大阪での興行が少ないこともあって、プロレスを見に行くこともあまりなくなり、もう自分が「プロレスファン」と名乗っていいものかどうか疑問なのではあるが、橋本が築いた一時代にまさにプロレスファンであった自分にとって、その死はまさにひとつの時代が終わったと思える事件であった。

そういえば、木村剛氏の父君も鬼籍に入られたそうだ。奇しくも橋本真也と同じく「太く短く、真っ直ぐに」生きた生涯だったとのこと。

故人のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

この記事は週刊!木村剛への投稿です

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005/07/11

お知らせ

自宅のパソコンが壊れた…というか私の不注意で壊してしまったので、復旧するまで当分の間はネットカフェ等からのネット利用になります。

というわけで今週のマジレン&響鬼のレビューは復旧後ということで。
もし期待していただいていた人がいたらスンマセン(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/07

魔法のランプ

魔法戦隊マジレンジャー 【Stage19】 魔法のランプ~メーザ・ザザレ~

今週はちょっとバタバタしてるので箇条書きにて御免(^^;

・ナイとメアの歌今回は2番。実は一番優遇されている歌なのでは。
・麗「誰のせいでカエルが嫌いになっと思ってんのよ!」むむっ、なんかありそう。
・天空聖者ライジェルはミイラにされていたことからウルザードとは別人。やはりウルザード=ブレイジェル(マジダディ)で間違いなさそう。しかし「どっか行っちゃった」ってどこいったんだ。ン・マ様の牙と眼持ったままでw
・ライジェルは魔導神官メーミィとして復活。魔導空間か何か作りそうなオカマ神官キャラである。
・「願いをひとつ叶えてやる」で「インフェルシアをやっつけたい」という5人。この期に及んで他人を頼るな(笑)
・スモーキーの「ムリ!」はナイス。
・メーミィ強っ。さすが腐っても天空聖者。つーか、ダークサイドに落ちた方が単純な強さはアップするのよな。フォースとかもそうだもんw
・スモーキーでかっ。ネコだけにネコだまし。ナイス。
・「諦めない限り負けない」 こういう考え方で戦うと負ける。敵を知り己を知らば百戦危うからず。

来週はいよいよマジシャイン登場。来週のサブタイトルが「ゴール・ゴル・ゴルディーロ」なのでルナジェル様と同じ系列の模様。

マジレンジャーの呪文 
 マジ/マージ/ジジル/マジーロ/マジカ/ジー/マジュナ/マジーネ/ジルマ/ジンガ
ウルザードの呪文   
 ウル/ウーザ/ザザレ/ウザーラ/ウガロ/ウー/ウジュラ/ザザード/ドーザ/ザンガ
メーミィの呪文
 メル/メーザ/ザザレ/メザーラ/メガロ/メー/メジュラ/ザザード/(ドーザ)/(ザンガ)
ルナジェル/マジシャインの呪文
 ゴル/ゴール/ルルド/ゴルディーロ/ゴジカ/ゴー/ウジュナ/(ゴルディーネ)/ルーマ/(ルンガ)
( )内は登場してないので推定だが、これらの言葉の組み合わせで、対応する組み合わせはマージ・ジルマ・マジ・ジンガ(マジキングに合体)とウーザ・ドーザ・ウル・ザンガ(ウルカイザーに合体)のようにほぼ同じ効果。
このことから、マジシャインが持ち込むor変身すると思われる2号ロボの呪文は、マージ・ジルマ・マジ・ジンガに対応するゴール・ルーマ・ゴル・ルンガ(変身する場合)ではないかと。

参考:すごい魔法で守ります

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »