« 殺人事件の周り | トップページ | 年金だってPRIDEが大事 »

2004/06/10

選ばれしものの恍惚と不安

この記事は以下の記事にトラックバックしたものです
PRIDEとプロレスと格闘技

キムタケさんって格闘技ファンだったのね…
私も仕事で取引先に行くと、学生プロレスやってて「当時のビデオを社員に見られたら俺は失脚やな」と語る社長さんや、「ボクは藤原組長が佐山の肩を外すところを目の前で見たよ」という課長さんなんて強者たちに出会ったりするので、意外にキムタケさんの世代にもプロレスや格闘技の好きな人は多いという気がする。

実のところ私は個々の格闘家の強さにはあまり興味がない。というか、真剣勝負は見ていてアクビが出る。強い/弱いということのみが問われる真剣勝負が面白いのなら、アマレスや柔道がある限りプロの出番はない。小川直也が「強い弱いだけの闘いなんて俺はとっくに卒業した」と言うのは正論である。プロなら強いだけではダメなのだ。
第一、真剣勝負の喧嘩なんて、飲み屋街の路地裏に行けば毎日でもタダで見られるではないか(笑)

K-1がだんだん苦しくなってきて、曙やボブ・サップといったキャラ勝負の選手を使わなきゃいけなくなったのは、強い弱いではなく、例えばフィリオのどんなルールでも頑なに極真スタイルで戦い続ける空手バカ一代ぶりといった「人間性」こそが魅力なのだということをやってる側が見失っているからだと思う。まああと、エースの武蔵が毎度毎度試合がサッパリ面白くないってのもでかいな。悪いことは言わない、派手にKOできる相手と試合させてあげなさい。その方が盛り上がるから(笑)

馬場にしろ鶴田にしろ猪木にしろ前田にしろ高田にしろ。
時代を作るレスラーには共通点がある。誰と闘ってもそいつの試合になる、ということだ。
猪木が誰と闘ってもそれは「猪木の試合」なのであり、前田が誰と闘っても「前田の試合」にしかならない。高田vsミルコを批判する人がいるがとんでもない。あれはどう見ても「高田延彦の試合」だったではないか。
強さ以外の何か。それこそが観客を熱狂させるプロの力なのである。

さて。
元記事で前田の話が出ているので、私もちょっと前田の話を。

前田日明は現在の格闘技ブームを語る上でその起点として欠かせない存在だが、その前田を語るときに欠かせないのがウルトラマン。前田とウルトラマンについては本人が「帰ってきた怪獣魂」という本の中でインタビューに答えている。少し抜粋してみよう。

最後、ゼットンが出てきたときにウルトラマンは何をやってもかなわんわけ。で、跳ね返されてカラータイマーがパチンと割れた。(中略)涙がボロボロ出てきて、これだけは忘れられないですね。オヤジがそれを見て「あほか、テレビ見て男の子が何泣いてるんや。あんなん中に人が入ってるんや」って言った。「そんなん知ってるわい。中にはハヤタが入ってんのや」って言いながらもっと泣きよるんや。

(格闘技を始めたきっかけは)入門募集のポスターがあったんですよ。それを見たら、片方の人が跳び蹴りしているんですよ。「うわぁ~ウルトラマンみたいや」って、やりたくなった。それがなかったら今はなかったです
ゴモラの時に大阪城に来たんですよ。びっくりしてね、翌日友達と二人で大阪城見に行きましたよ。(中略)「絶対来たはずや、聞きに行こう」 と聞きに行って「おっちゃん、おっちゃん、昨日ここでウルトラマンとゴモラが来て大阪城壊したんじゃないの」と聞いたら、そのおじさんが優しい人で、「そやそや、昨日おっちゃん達は徹夜で直したんや」って(笑)多分、その日、俺たちだけじゃなくて何人かいたんやね。
一所懸命信じるために一所懸命考える。(中略)信じたいがために無理矢理考えて信じようとするみたいなね。そこには矛盾があったりするわけですけど、それを考えながら現実に持って行く。そういうのが人に対しても物に対しても大事なんだよ
(心の中でゼットンは倒せたんですか?)どうなんですかね~ オレの中には意気地のないところがあって、オレがゼットンと戦うときにゾフィーはいるんだろうか?って(笑)

なんちゅーかね、前田はやっぱり前田というか(笑)
前田の言うことは正しい。

例えば、科学の本質とは「わからないことは引き続き調べて考える」ということだ。
まさに、人類は「信じるために考えて」きたのである。

ただ、前田が信じるために考えたことは、ちょっと時代を先取りしすぎていた。

チケットぴあで初めてプロレスのチケットを売ったのも
ノゲイラやヒョードルを日本に呼んだのも
「ごちゃごちゃいわんと誰が一番強いか決めたらええんや!」という総合格闘技の理念を提示したのも

前田(というかUWFなりリングスなり)なんだが、それがファンに浸透する頃にはいつも前田はそこにいなかった。

前田日明という名のウルトラマンは、最後にアレクサンダー・カレリンという名のゼットンと闘った。
4点ポジションの相手に対する打撃を禁じるUWFルールでは鉄壁と思われた「亀」を、カレリンという名のゼットンはカレリンズ・リフトで粉砕してみせた。前田という名のウルトラマンは、その時光の国に帰っていった。


そこにゾフィーは、いなかった。

|

« 殺人事件の周り | トップページ | 年金だってPRIDEが大事 »

コメント

第一、真剣勝負の喧嘩なんて、飲み屋街の路地裏に行けば毎日でもタダで見られるではないか。それは違う!レベルの差が有りすぎる普通の人が喧嘩してるのに金払うやつはおらんでしょ、それに誰とやってもその人の試合になると言ってるがそれはあなたがその選手を好きだからそう思うだけでそう思ってない人にはそうは見えないいんですよ。あんたはショーとしてしか戦いを見れない人種格闘技を語る権利は無い!アメリカにでも行ってマクマホンとでもじゃれあってた方がいいと思うよ。

投稿: あほか! | 2004/07/29 06:10

あんたは前田の事を偉そうに書いてるが彼が求めたのは最強になる事。強さ以外の何かではなくと書いてるが強さこそ総て力が有る者が生き残って行く世界が格闘技。カリスマ性だけで試合に勝てるのなら猪木は今でも現役でやれてるはずだ!あんた見たいに頭だけで考えて実際に格闘技をやった事の無い人にはわからんだろうが。もう一度言おうあんたに格闘技を語る資格は無い!

投稿: あほか! | 2004/07/29 06:24

困りましたねぇ。おっしゃる通りで私はショーとしてしか見ていないので、私にとってはデカシンジャーも格闘技もモーニング娘。も同じですから。
言われるまでもなく私だって「アメリカにでも行ってマクマホンとでもじゃれあい」たいですよ(笑)

前田のことについては、私は前田のキャラクターと時代を先取りしすぎて損をしているということを述べただけです。なにか曲解されているようですがかみ合ってないのでなんともコメントのしようがありません。ゴメンなさいね。

投稿: てるし | 2004/07/29 10:32

According to my monitoring, thousands of people all over the world receive the personal loans at well known banks. So, there's a good possibility to receive a short term loan in any country.

投稿: CARABERG22 | 2012/01/03 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35105/743663

この記事へのトラックバック一覧です: 選ばれしものの恍惚と不安:

» 前田日明と坂本龍馬と「改革」の現実 [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。6月9日のゴーログ「PRIDEとプロレスと格闘 [続きを読む]

受信: 2004/06/15 10:00

» [与太]ブログを読んで初めて泣いた [こうせい日誌]
それは前田日明について書かれたものでした。 > チケットぴあで初めてプロレスのチケットを売ったのも ノゲイラやヒョードルを日本に呼んだのも 「ごちゃご... [続きを読む]

受信: 2004/06/18 23:46

« 殺人事件の周り | トップページ | 年金だってPRIDEが大事 »