トップページ | 2004年6月 »

2004/05/31

世界の中心で…

「世界の中心で、愛をさけぶ」(セカチュー、と略すらしい)は250万部突破したのだそうで。
私は最近あんまり小説は読まないんで、いや、というか、私若い頃はSFにハマっていたので、このタイトルでまともな小説だとは思わなくて。
だってこれハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」のパクリやん。
エヴァの最終回のタイトルの元ネタ。

別にパクリがいかんとは言わない。
エヴァにしろセカチューにしろそれで売れたんだから正しい。
逆にもう、現代の日本は、売れるためにはパクリをマスターしなきゃいかんというぐらいの世の中なのかもしれない。


てなわけで。
これから売れる本の題名はSF小説の題名のパクリだ!

という決めつけのもと、売れそうなタイトルベスト5を予想してみた(笑)


5位 「松江の扉」 
     ご当地もののミステリー

4位  「地球の長い午後の紅茶」
     主婦のエッセイ

3位  「ファウンデーションの彼方へ」
     化粧水だけのナチュラルメイクの勧め

2位  「虎よ!虎よ!」
     阪神タイガースのムック本


そして1位は  


「世界のど真ん中で、コラと叫ぶ」
     長州力自伝


「虎よ!虎よ!」あたりはホントに出そうでイヤだな(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/05/29

R.O.D録画失敗_| ̄|○

昨夜・今夜とフジテレビ721(スカパー他)でR.O.Dの一挙放送。
先月からバンバン番宣やってて私も楽しみにしてたのだが。


録画失敗  _| ̄|○


9話と10話がブラックアウトしてやがる。
どうもチューナーの予約を間違えたっぽい…


先般のイラク人質事件で頻繁に耳にした

「自己責任」

という言葉の意味を、今日身をもって知ることとなってしまった。


…どなたかちゃんと録画した方いてはりませんやろか?
愛の手、お待ちしています(^^; 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田大サーカス

たけしの誰でもピカソに出てた。
最近少しずつ出番が増えているような…

ただねぇ、あの面白さは「売れたらダメになる」面白さなのよなぁ。
なんつーか。

あれだよ。

ヘビ女とか
大イタチとか

ああいういかがわしい見せ物の面白さ。
薄暗いところでやんないとダメな、
光の当たるところに出てくるとダメな、

ええと。

光あるところに影がある まこと栄光の影に 数知れぬ忍者の姿があった
命をかけて、歴史をつくった 影の男たち
だが人よ、名を問うなかれ 闇にうまれ 闇に消える それが忍者のさだめなのだ

ん~ ちょっと違うか。

皆々様の目の前に 現れ出でたるこの少女
こうしてヘビを近づけますと 鼻から口へ 口から鼻へ
スルリスルリと通してしまうのでございます
なんと恐ろしいヘビ女 
話せば長いことながら さかのぼること十余年 
彼女の父が帰り道 草むらを這うヘビを見て 
棒きれ拾って戯れに ヘビを殺したその罪の 親の因果が子に報い 
哀れこうして皆様の前に悲しい姿をさらけ出しておるのでごさいます~


みたいな。あるでしょ?そういう芸の世界って。


エンターテイメントの3要素ってのがあって。
アクション
インパクト
ハプニング

の3つがバランスよく配合されているのがいいエンターテイメント。
安田大サーカスもこの3要素をバッチリ押さえてる。
ただね。
存在自体がハプニングってのは、なかなか芸にはならんのよ。長続きしない。

てなわけで。

できれば安田大サーカスには、
細く長く、間違ってもテレビでレギュラーとか持ったりしないで、
たまに見かける程度の露出度で、

末永く頑張って欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/28

大阪の気温

私は大阪市内在住。
意外と知られていないけれども、大阪と言うところは実に住みにくい。

年間の平均気温は16.9度(2003年)
しかし、ちょっと見て欲しい。

最高気温
2003年8月19日 大阪 33.6度  那覇 31.3度
        20日     34.1度      32.1度
        21日     34.5度      32.3度
        22日     35.2度      32.2度
        23日     34.9度      32.5度
        24日     34.6度      31.4度
        25日     34.5度      31.2度
        26日     32.2度      32.0度

実は、夏場の一番クソ暑い時期は大阪は沖縄の那覇より暑いのである。
さらに。

最低気温
2004年1月22日 大阪 -2.2度 青森 2.5度

と、冬場に青森より冷え込む日なんてのもあったりする。ただ、全般に雪は降らないので、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤというものをまったく使ったことのない人、というのが結構いる。私も10年近く車で外回りをやっているが、タイヤチェーンは1度三重県に行ったときに使用しただけだ。

毎年暑い時期・寒い時期になると、冷暖房という文明の利器がなければ、大量の死人が出ているのではなかろうかと思えてくる。実際、私は大阪に来てから5年ほどクーラーなしで過ごしたが、そらビールの量は多かった(笑)

だんだん暑くなってくると、こういうことが頭をよぎる。
ビアガーデンでも行くかぁ(笑)

(気温のデータは気象庁のホームページを参照しました)
            

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/05/27

近鉄は身売りするの?

大阪ドームが赤字を出しまくっているせいでとばっちりをうけた格好でそんな話が聞こえてくる。
「可能性を排除しない」という話で積極的に身売りするというわけではないらしいが。
なんでも近鉄バファローズ自体も昨年は40億円の赤字だったんだそうな。

確かにあれだけ閑散とした客入りでは黒字経営は難しいだろう。
近鉄グループが経営的な見地からバファローズをお荷物だと感じているのもわかる。
プロ野球も商売、儲からないなら身売りや廃業もやむを得ない。

しかし、だ。
身の振り方はあくまで近鉄グループで決めるものだろう。
「いい加減なところには売らない」とのたまっているのが巨人の渡辺オーナーというのはどういうわけか。
いい加減なところ、というのは消費者金融や外資系を指しているらしいが、彼らとていい加減の代名詞みたいなマスコミの親分に言われてはたまったものではない。
とはいえ、渡辺オーナー自身は悪役キャラが立っていて私も嫌いではない。
だって、渡辺オーナーといえば・・・

・自分のチームさえよければあとはどうでもいい
・ちょっと勝ったら褒めそやし
・ちょっと負けたら罵詈雑言
・他人の迷惑など知らん顔
・自分のことは棚に上げて傲慢な発言を連発

という人物だが、これは阪神ファンにもそのまま当てはまる同一の精神構造なのよなぁ。したがって時にその見境のなさに嫌気がさすことはあっても、否定することはできないのだ。鉄人28号がもうひとりの金田正太郎であるごとく、ナベツネはもうひとりの飲んだくれている阪神ファンのお父さんなのだから。
ま、いいも悪いもリモコン次第の鉄人の方がマシではある。

アメリカンフットボールのプロはNFLというリーグで戦っている。
NFLの経営理念は「共存共栄」。
リーグ全体の繁栄なくしてチームの繁栄もないという考えだ。
テレビの放映権は各チームではなくリーグがテレビ局と契約し、放映権料は全チームに公平に分割される。
しかも試合の3日前までにチケットが完売しないと、その試合は地元では放送できない契約になっており、地元ファンは球場を埋めないとテレビ観戦すらできない。
加えて、サラリーキャップ制度やドラフトのウエーバー制により、どこかのチームが極端に強い、という状態は長続きしない制度になっている。
全てが完璧な理想形だ、などというつもりはないが、現に儲かっているプロスポーツとして手本になる点はあるはずだ。

特にテレビとのかかわり方。
セ・リーグのチームがなぜ巨額の赤字を出さないで済んでいるかというと、テレビの、特に巨人戦の放映権料が入ってくるからだ。この放映権料が実のところ巨人をして「球界の盟主」たらしめているのであり、渡辺オーナーの発言力の源でもあり、近鉄が大赤字を出している理由でもある。
やや極端な事を承知で言ってしまえば、近鉄が潰れかかっているのは渡辺オーナーのせいであるw

ちょっと前、ダイエーがグループの経営再建策として福岡三事業(ドーム、ホテル、ホークス)売却の話が出たときに外資系企業が売却先として取りざたされた。それを聞いた渡辺オーナーは外資系企業がアメリカ系なのをいいことに「ハゲタカ」呼ばわりして反対していたが。

ハゲタカはどっちだ。


ハゲはあんただ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/05/25

オールスターと日本代表

プロ野球オールスターのファン投票の中間発表を見た。

これって。

阪神 vs パ・リーグ

だよな(^^;

私は子供の頃からの筋金入りの阪神ファンやけれども、時にこういう阪神ファンの見境のなさは嫌になる。
贔屓のチームを応援するのは大いに結構。私だって阪神には毎日勝ってもらいたい。
しかし、贔屓の引き倒しで他のチームの素晴らしいプレイヤー達を正しく評価できないのは、プロ野球の楽しみを自ら放棄するようなもの。どのチームの選手でも素晴らしいプレイには惜しみない拍手を。それが正しいファンの姿だと私は信じる。

というか、他球団のファンの皆さん、もうちょっと頑張って投票してください(^^;

で、ここまで書いといて何なんだが。
せっかくオリンピックイヤーなんだから今年はオールスターなんかやめて日本代表の国際試合をやったらいいと思う。
国際試合で勝つことはペナントレースより大切なんだから。
だってさぁ、プロの選手を揃えて行って韓国や台湾に負けたら、誰が将来日本でプロになろうと思うの?
能力のある選手はみんなメジャーに行くやんか。
興行が夢を売れなくなったら店をたたむしかないということをもっとマジメに考えて欲しい。
日本のプロ野球はペナントレース中にオリンピックがあるために1チーム2人枠という実にケチくさい自縄自縛をしてしまった。敢えて言うけども、8月に「ペナントレース」を理由に2人しか選手を出せないチームって、上位のチームだけやんか。特にプレーオフ制で3位まで優勝の可能性があるパ・リーグでは8月に選手を出せない理由なんかあるわけない。
しかもしかも、思うんだけど、「オリンピックに選手を出したから優勝できませんでした」いいじゃないのそれで。すげぇカッコイイと思うよ。その間残った選手が必死に必死に頑張って、持てる力の全てを出し尽くして、それでも負けたら何も恥じることはない。堂々と「プロの戦いを見せた」と胸を張ればいい。プロは結果の世界かもしれんが、誇り高く戦った男、力を出し尽くして倒れた男をファンは決して見捨てはしない。

「パ・リーグでプレーオフ出場チームが決まりました」と「オリンピックで金メダル取りました」とではどっちがビッグニュースか考えるまでもない。みんな忘れているけど、前回のシドニーで日本はプロが多数出場したのに惨敗したのだ。
プロ野球自体が鼎の軽重を問われている時に、内輪で優勝だの何だのとセコい話をしている場合やない。

野球関係者の皆さん、ファンの皆さん、

もっと世界に目を向けようやないか。


つまりあれだ。簡単に言うとやな…

お前ら、アストロ球団に謝れ!ってことだ。


あれ?(^^;(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしかしてプロレス?

今日はセ・リーグのナイターもなかったのでスカパーでザッピング。
お、なんかNOAHの武道館やってるやんけ。そういえばNOAHってちゃんと見たことなかったな。

正直、全日にいた選手しかわからんという状態で誰が誰やら(^^;
まあ見てみよう。タッグマッチやね。アンコ型のにーちゃんがゾロゾロと登場。
序盤から中盤の段取りを何度も噛み倒した後、

らりあっとー(ぺちっ)


らりあっとー(ぺちっ)


ヘンな体勢のバックドロップで頭からゴツーン!
わーん つー すりー(カンカンカン)

…あのー、きみたち、もしかしてそれ…プロレスのつもり?
しかもこんなユルい試合で20分超。なんスかこりゃ。いくらアンダーカードでもさ、バカにしすぎでしょう。
でもこんな試合で喜んでる客も結構いたなぁ。大事にした方がいいと思う。マジで。

NOAHには三沢という名レスラーがいるけれども、彼の名レスラーたる所以は「試合中に休むのが抜群に上手い」点にあるのね。休んでてもチンタラやってるように見えない、というのが三沢の卓越したセンスのなせる技。
これは三沢以外だと「天才」武藤敬司ぐらいしかできない凄いスキル。
まねしちゃダメだよ、中堅どころの奴が。

ちなみにその三沢は番組中最後の試合に登場。小川と組んでのタッグマッチで若手のコンビを適当にあしらって完勝。相変わらず技を食らった後休むのが抜群に上手い。若手の方は攻めても攻めても逃げられるからやりにくいだろうなぁ。
余談だがこの試合、実況しているアナウンサーが試合中に3度も技の名前を間違えた。
選手も選手なら関係者も関係者。
客をナメすぎ。

結局4試合放送してたうち3試合見た(1試合は寝てもうたw)けど、感想としては
「もっとマジメにやれ」の一言。
全カード日本人対決で、プロレスの醍醐味でもある「人間離れしたレスラーによるびっくり箱的要素」はゼロなんだから、せめて試合の中身ぐらいは充実させた方がいいと思う。

そういえば。


3試合見たけど


ロックアップも手四つも一度としてなかった。


ほんとにプロレスかこれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/24

別館オープン

本館もロクに更新していないのに別館なんぞやってる余裕があるのか、という話もあるんですが、まあせっかく無料で利用できるので(^^;

本館の方の日記は日記としておいといて、こっちはある程度まとまった文章でも書いてみようかなっと考えております。どうなるかはわからんけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年6月 »